ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2024年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

2023/10/13

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)の2024年元旦の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムが発表された。2024年の指揮者は、2019年に続いて2度目の登場となるクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)。

プログラムは以下の通りで、2024年に生誕200年を迎えるブルックナーの作品を史上初めて取り上げるのが特徴。ティーレマンは2019年からウィーン・フィルとブルックナーの交響曲全集を録音を進めており、それが10月末にリリースされるところ。取り上げるのは、4手のためのピアノ曲《カドリール》で、オーストリアの指揮者ヴォルフガング・デルナーが管弦楽用に編曲したものを演奏するという。

「ニューイヤー・コンサート」は毎年元旦、彼らが本拠地の楽友協会大ホールで行っている恒例行事。シュトラウス一家のワルツやポルカを演奏する“音楽の都からの音楽の年賀状”。2024年は全15曲のうち、ブルックナーの作品を含めて9曲が初登場となる。


…… プログラム(※が初登場)

 カール・コムツァーク:アルブレヒト大公行進曲 Op.136 ※
 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《ウィーンのボンボン》 Op.307
 ヨハン・シュトラウス2世:フランス風ポルカ《フィガロ・ポルカ》 Op 320 ※
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世:ワルツ《全世界のために》 ※
 エドゥアルト・シュトラウス:ポルカ・シュネル《ブレーキかけずに》 Op.238 Teil 2
 ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇《くるまば草》序曲
 ヨハン・シュトラウス2世:ワルツ《遺作のワルツ》
 ヨハン・シュトラウス2世:ナイチンゲール・ポルカ Op.222 ※
 エドゥアルト・シュトラウス:ポルカ・マズルカ《高い泉》 Op.114 ※
 ヨハン・シュトラウス2世:オペレッタ《ニネッタ侯爵夫人》より、新ピチカート・ポルカ Op.449
 ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世:バレエ《イベリア半島の真珠》より、エストゥディアンティーナ・ポルカ※
 カール・ミヒャエル・ツィーラー:ワルツ《ウィーン市民》 Op.419
 アントン・ブルックナー:ヴォルフガング・デルナー編《カドリール》※
 ハンス・クリスチャン・ロンビ:ギャロップ《あけましておめでとうございます!》 ※
 ヨーゼフ・シュトラウス:ワルツ《うわごと》 Op.212

写真:Wiener Philharmoniker


関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送交響楽団の本拠地となる新たなホール建設へ

  3. 訃報 〓 ガブリエレ・シュナウト(72)ドイツのソプラノ歌手歳

  4. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

  5. ボルチモア発 〓 ボルチモア響の次期音楽監督にジョナソン・ヘイワード

  6. カトヴィツェ発 〓 第2回「カロル・シマノフスキ国際音楽コンクール」がロシア音楽の演奏を禁止、発表に波紋広がる

  7. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  8. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが年内の公演をキャンセル

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  11. バーゼル発 〓 バーゼル・シンフォニエッタの次期首席指揮者にティトゥス・エンゲル

  12. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  13. 東京発 〓 東フィルが2024シーズンのラインナップを発表

  14. ユトレヒト発 〓 ユトレヒト古楽音楽祭が開催中止を発表、9月開催で初

  15. ジュネーブ発 〓 第76回「ジュネーブ国際音楽コンクール」のピアノ部門でカナダのケビン・チェンが優勝、日本の五十嵐薫子が3位に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。