東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

2023/03/01

新国立劇場(New National Theatre Tokyo)が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料でストリーミング配信すると発表した。配信は日本時間25日の午前3時から「新国デジタルシアター」「オペラ・ヴィジョン」のYouTubeチャンネルを使って行われる。9月24日まで視聴可能。

新制作の《ボリス・ゴドノフ》はポーランド国立歌劇場との共同制作で、劇場の芸術監督を務めるマリウシュ・トレリンスキが演出を手掛けたもの。当初はワルシャワでの上演を経て東京へという予定だったが、昨年2月末にロシアがウクライナに対して侵略戦争を仕掛けたことから反ロシアの声が巻き起こり、現地での上演は見送られた。

配信されるのは、11月17日の上演。指揮は新国立劇場のオペラ芸術監督を務める大野和士で、歌手はボリス・ゴドゥノフにギド・イェンティンス、乳母に金子美香、シュイスキー公にアーノルド・ベズイエン、ピーメンにゴデルジ・ジャネリーゼ、偽ドミトリーに工藤和真が起用されている。

写真:New National Theatre Tokyo / Rikimaru Hotta


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 台北発 〓 ニューヨーク・フィルが初夏にズヴェーデンと台湾、中国ツアー

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  3. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  4. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭は開催へ

  5. モントリオール発 〓 モントリオール響が空港の駐車場でコンサート

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  7. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  8. ブレーメン発 〓 ドイツ・カンマーフィルの首席客演指揮者にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルがコンサート形式による《マゼッパ》をストリーミング配信

  10. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  11. バルセロナ発 〓 スペイン放送協会がサグラダ・ファミリア大聖堂でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の特別コンサート

  12. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、次期音楽監督めぐり注目集める客演指揮者たち

  13. 訃報 〓 コルネリウ・ムルグ(73)ルーマニアのテノール歌手

  14. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  15. ヴィースバーデン発 〓 パトリック・ランゲが任期残してヘッセン州立劇場の音楽総監督を退任、芸術総監督との方向性合わず

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。