インスブルック発 〓 チロル交響楽団の首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン

2018/09/28

オーストリアのチロル交響楽団が2019/2020シーズンから、空席になっていた首席指揮者に英国の若手指揮者ケレム・ハサン(Kerem Hasan)を迎えることを決めた。ドイツのカッセル州立劇場の音楽総監督に転出したフランチェスコ・アンジェリコの後任。チロル交響楽団は、インスブルックにあるチロル州立劇場のオーケストラで、戦後はハンス・クナッパーツブッシュの薫陶を受けて活動を再開、後に指揮者となるニコラウス・アーノンクールが1952年までチェリストとして在席していた。

ハサンは1992年、ロンドン生まれの27歳。スコットランドの王立音楽院でピアノと指揮を学び、スイスのチューリヒ芸術大学などで研鑽を積んだ。その後、ベルナルト・ハイティンクのアシスタントを務め、2017年の「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝。この6月にはハイティンクの代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏会に登場、マーラーの交響曲第9番を指揮してセンセーショナルな成功を収めた。また、9月にも首席指揮者を電撃解任されたダニエレ・ガッティの代役として海外ツアーに同行、キプロスなどで指揮している。それに先立つ8月には、オーストリア放送交響楽団を指揮してザルツブルク音楽祭にもデビューを果たしている。

写真:Salzburg Festival / Marco Borrelli


    詳しくはこちら ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 グラモフォン・アワード2018決定

  2. バーゼル発 〓 バーゼル劇場の音楽監督にクリスティーナ・ポスカ

  3. アントワープ発 〓 フランダース・オペラの音楽監督にアレホ・ペレス

  4. カーディフ発 〓 英国ウェルシュ・ナショナル・オペラのトップに米国シアトル・オペラの総監督

  5. プラハ発 〓 プラハ国民劇場が次期芸術監督にノルウェー国立オペラの前芸術監督を招聘

  6. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  7. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫が「国際交流基金賞」を受賞

  8. リーズ発 〓 国際ピアノ・コンクールが閉幕

  9. モスクワ発 〓 新ホールの落成ガラ・コンサートをストリーミング配信、指揮はゲルギエフ

  10. ロンドン発 〓 エサ=ペッカ・サロネンがフィルハーモニア管を退任、2021年で

  11. 東京発 〓 NHK交響楽団が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 香港発 〓 イップ・ウィンシーが香港シンフォニエッタを卒業!?

  13. ギュータースロー発 〓 リトアニア国立オペラ宛の《トゥーランドット》の衣装盗まれる

  14. シャイアン発 〓 ソプラノのチェシンスキがグライダーで墜落死

  15. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。