西村朗(69)日本の作曲家

2023/09/12

作曲家の西村朗(Akira Nishimura)が7日、右上顎(じょうがく)がんで亡くなった。69歳だった。西洋の現代作曲技法を使いながらも、音高やリズムのずれによって多層的な響きを生み出し、アジアの伝統音楽、宗教、美学、宇宙観などを表現した「ヘテロフォニー」の手法を確立した。

大阪市生まれで、東京藝術大学、大学院で矢代秋雄、野田暉行に師事。1974年の「日本音楽コンクール」作曲部門で1位となって注目を集め、1977年にはベルギーのエリザベート国際音楽コンクールの作曲部門で大賞を受賞した。

旺盛な作曲活動で知られ、代表作に《幻影とマントラ》、アジア各国の民族の感性を縦横に採り入れた《2台のピアノと管弦楽のヘテロフォニー》、石川淳の短編を原作にしたオペラ《紫苑(しおん)物語》など。この7月にも三重協奏曲《胡蝶夢》が初演されている。

作曲活動のかたわら、武満徹作曲賞など数多くの審査員、いずみシンフォニエッタ大阪、10年から草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァルの音楽監督を歴任。NHK教育「N響アワー」などの音楽番組の司会を務め、軽妙な語り口で人気を博した。

また、東京音楽大学で後進の指導にも当たり、日本の作曲家の優れた管弦楽作品に贈られる尾高賞を1988年、1992年、1993年、2008年、2011年に受賞。サントリー音楽賞など受賞多数。2013年に紫綬褒章。

写真:Kusatsu International Summer Music Academy & Festival


関連記事

  1. ケルン発 〓 ケルン放送管の次期首席指揮者にアイルランドの指揮者デヴィッド・ブロフィー

  2. シンシナティ発 〓 シンシナティ響の次期音楽監督にクリスティアン・マチェラル

  3. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  4. モスクワ発 〓 ワシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督を辞任

  5. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  6. 東京発 〓 ドミンゴとカレーラスが来年1月、日本で「三大テノール」偲んで「パヴァロッティに捧げるコンサート」

  7. 訃報 〓 ネッド・ローレム(99)米国の作曲家

  8. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  10. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  11. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  12. ミラノ発 〓 スカラ座が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  14. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ州立劇場の次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー

  15. ハールレム発 〓 北オランダ管の次期首席指揮者のノルウェーのエイヴィン・グルベルグ=イェンセン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。