ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

2021/11/08

指揮者界の最長老の一人、英国のロジャー・ノリントン(Roger Norrington)が指揮活動からの引退を発表した。11月18日に王立ノーザン・シンフォニアを指揮してタクトを置くという。コンサートは彼らの本拠地ゲイツヘッドで行われ、ライブ・ストリーミングも行われる。

引退コンサートは、オール・ハイドン・プログラム。オーケストラによると、18世紀のロンドンで行われていた演奏会のスタイルの再現をめざし、オーケストラ曲からソロ、室内楽までさまざまな音楽でプログラムが構成される。

ノリントンは1934年、オックスフォード生まれの87歳。音楽一家に生まれ、10歳からヴァイオリンを演奏。長じてケンブリッジ大学に進み、クレア・カレッジで声楽を、王立音楽アカデミーで指揮をエイドリアン・ボールトから学んだ。卒業後はテノール歌手として活動した。

その後、1962年にハインリヒ・シュッツ合唱団を設立、その活動を通じて指揮者に転身した。1966年からケント・オペラの音楽監督を務め(-1984)、1978年にはロンドン・クラシカル・プレイヤーズを結成した。

手兵のロンドン・クラシカル・プレイヤーズとは、ピリオド楽器とノン・ヴィブラート奏法による演奏を展開。解散する1997年まで、古典からロマン派の作品に新しい光を当てることで古楽演奏の魁として名演奏、名録音を積み重ねてきた。

その一方、ヨーロッパを中心にさまざまなオーケストラに客演。1997年にはナイトに叙せられ、1998年にはシュトゥットガルト放送交響楽団の首席指揮者に就任。退任後の2011年からはチューリヒ室内管弦楽団の首席指揮者も務めた。

写真:Salzburger Festspiele


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ミヒャエル・ギーレン, ドイツの指揮者

  2. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  3. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  4. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  5. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  6. 訃報 〓 ゲオルク・シュメーエ, ドイツの指揮者

  7. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州政府がティーレマンと契約延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者は2024年まで

  9. 訃報 〓 ジェーン・マニング, 英国のソプラノ歌手

  10. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. リューベック発 〓 市立劇場が音楽総監督シュテファン・ヴラダーとの契約を延長

  12. 訃報 〓 ガブリエル・フムラ, ポーランドの指揮者

  13. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  14. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。