カトヴィツェ発 〓 ヨーロッパ最大のパイプ・オルガンが誕生、エサ=ペッカ・サロネンが自作のオルガン曲で祝福

2023/01/23

ポーランドのカトヴィツェで13日、ヨーロッパ最大とされるパイプ・オルガンがお披露目された。当日の特別演奏会は指揮者で作曲家としても活躍しているエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen)がポーランド国立放送カトヴィツェ交響楽団を指揮して、自作のオルガン協奏曲を世界初演した。

新しいオルガンが据え付けられたのは、オーケストラが本拠地にしている国立放送のコンサートホール(1,800席)。オルガンは高さ13メートル、幅9メートル、奥行き6メートルで、7,000本を超えるパイプと105のストップを持つ。

また、4つのマニュアルを搭載した一体型コンソールに加え、リモートのコンソールも備え、費用は約440万ユーロ(約6億2,000万円)。スロベニアのオルガン製作者アントン・シュクラブルが製作、5年以上掛かったという。

サロネンの作品は約25分で、カトヴィツェ交響楽団の他、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、フィンランド放送交響楽団、パリ管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団、NDRエルブフィルハーモニー管弦楽団が共同で作曲を委嘱したという。

特別演奏会では、ラトヴィアのオルガン奏者イヴェタ・アプカルナが演奏を担当。これにルトスワフスキの交響曲第4番、バルトークの《中国の不思議な役人》というプログラムが組まれた。

写真:Narodowa Orkiestra Symfoniczna Polskiego Radia w Katowicach


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クリーブランド発 〓 ウェルザー=メストが2027/2028シーズンでクリーブランド管の音楽監督を退任、在職25年は音楽監督として歴代最長

  2. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  3. 訃報 〓 ヤーッコ・クーシスト(48)フィンランドのヴァイオリニスト・作曲家・指揮者

  4. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

  5. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  6. パレルモ発 〓 ピアノのプレトニョフ、カワイのスペシャル・モデル盗まれる

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが新シーズンの公演ラインナップを発表

  8. イエナ発 〓 イエナ・フィルが音楽総監督のジモン・ガウデンツとの契約を延長

  9. ウィーン発 〓 ティーレマン、2024年からスカラ座の《ニーベルングの指環》を指揮

  10. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  11. フィレンツェ発 〓 フレンツェ歌劇場の新しいホール「ズービン・メータ・ホール」がオープン

  12. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが7月末までの公演をすべてキャンセル

  13. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  14. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が過去の公演をYouTubeで配信

  15. パリ発 〓 米国のソプラノ歌手リセッテ・オロペサにフランス政府の「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。