訃報 〓 外山雄三(92)日本の指揮者・作曲家

2023/07/14

指揮者・作曲家として活躍した外山雄三が11日、慢性腎臓病のため長野県の自宅で亡くなった。92歳だった。NHK交響楽団の終身正指揮者を務め、全国各地のオーケストラの指揮者や音楽監督を歴任、日本を代表する指揮者の一人。

東京生まれで、東京音楽学校(現在の東京芸術大学)で作曲を学び、1952年にN響に打楽器の練習員として入団。その後、指揮者に転身。1956年にN響を振って指揮者デビューした後、オーケストラの海外演奏旅行などに同行、1979年から終身正指揮者を務めていた。

その後、大阪フィルハーモニー交響楽団の専属指揮者を、京都市交響楽団の常任指揮者、名古屋フィルハーモニー交響楽団の音楽総監督・常任指揮者、仙台フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を歴任してきた。

また、作曲活動も活発で、1953年には間宮芳生、林光と「山羊(やぎ)の会」を結成。代表作に和太鼓やちゃんちきといった邦楽器も採り入れ、1960年のN響海外公演のアンコール曲として書いた《管弦楽のためのラプソディ》がある。

多作で知られ、1964年にバイオリン協奏曲第1番で、2000年に交響曲第2番が、日本人が作曲した優れたオーケストラ作品に贈られる尾高賞を受賞している。5月末にパシフィック・フィルハーモニア東京の公演を指揮中に体調を崩して途中降板していた。

写真:Hirasa Office / S. Yamamoto


関連記事

  1. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  2. 訃報 〓 イングリッド・ヘブラー(93)オーストリア出身のピアニスト

  3. 東京発 〓 クラシック音楽の専門誌「レコード芸術」が7月号で休刊、70年超の歴史に幕

  4. 大阪発 〓 大阪交響楽団の次期常任指揮者に山下一史

  5. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  6. 東京発 〓 東フィルが2024シーズンのラインナップを発表

  7. 札幌発 〓 札響の次期首席指揮者にエリアス・グランディ

  8. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  9. 東京発 〓 新国立劇場がストリーミング配信のための新しいプラットフォーム開設

  10. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  11. 東京発 〓 新国立劇場が開場25周年となる2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 東京発 〓 N響が2024/2025シーズンの定期演奏会の公演ラインナップを発表

  13. 東京発 〓 原田慶太楼が東響の正指揮者に

  14. 東京発 〓 ウェルザー=メストの代役はソヒエフ、ウィーン・フィルの日本ツアー

  15. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。