訃報 〓 ニクサ・バレザ(85)クロアチアの指揮者

2022/01/20
【最終更新日】2023/02/06

クロアチアを代表する指揮者ニクサ・バレザ(Nikša Bareza)が18日に亡くなった。85歳だった。ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座にたびたび客演していた他、スイスのチューリヒ歌劇場、オーストリアのグラーツ市立歌劇場、ドイツのケムニッツ歌劇場の音楽総監督を歴任、国際的に活躍したクロアチアの指揮者の一人。

1936年、ユーゴスラビア王国領スプリトの生まれ。ザグレブ音楽院でロヴロ・フォン・マタチッチに指揮法を学び、卒業後はザルツブルク・モーツァルテウム音楽院でヘルマン・シェルヘンの薫陶を受けた。また、ヘルベルト・フォン・カラヤンのレッスンも受けている。

1965年から1974年までザグレブ歌劇場の指揮者を務めて頭角を現し、1972年にはウィーン国立歌劇場にデビュー。その後も客演を重ね、約80回の公演を指揮している。1978年から1981年までチューリヒ歌劇場、1981年から1990年までグラーツ市立歌劇場の音楽総監督を歴任した。

その後も、クロアチア放送交響楽団の首席指揮者、クロアチア国立劇場のオペラ監督を務めるかたわら、ミュンヘン、ハンブルク、ベルリンの州立オペラ、ノルウェーやメキシコなどで客演を重ねた。2021年10月にはザグレブ音楽アカデミーの100周年を祝うコンサートを指揮、これが最後のステージとなった。

写真:Željko Puhovski / Cropix


関連記事

  1. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  2. ミラノ発 〓 指揮者ジョン・ウィリアムズがイタリア・デビュー、スカラ・フィルを指揮して

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が14日に特別コンサート、ウクライナへの連帯を全世界に発信

  4. ラスベガス発 〓 第64回「グラミー賞」発表

  5. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  6. 訃報 〓 ディミトリー・ホフストフスキー(55)ロシア出身のバリトン歌手

  7. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  8. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー(75)オーストラリアの演出家

  9. ゲイツヘッド発 〓 ノリントンが王立ノーザン・シンフォニアを指揮して引退コンサート、ライブ・ストリーミングも

  10. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  11. ブダペスト発 〓 ハンガリー放送響の次期首席指揮者にリッカルド・フリッツァ

  12. キーウ発 〓 ウクライナの制裁リストにアンナ・ネトレプコ

  13. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  14. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  15. 訃報 〓 フランコ・ファンティーニ(99)イタリアのヴァイオリン奏者, スカラ座管弦楽団の元コンサートマスター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。