訃報 〓 ニクサ・バレザ, クロアチアの指揮者

2022/01/20

クロアチアを代表する指揮者ニクサ・バレザ(Nikša Bareza)が18日に亡くなった。85歳だった。ウィーン国立歌劇場やミラノ・スカラ座にたびたび客演していた他、スイスのチューリヒ歌劇場、オーストリアのグラーツ市立歌劇場、ドイツのケムニッツ歌劇場の音楽総監督を歴任、国際的に活躍したクロアチアの指揮者の一人。

1936年、ユーゴスラビア王国領スプリトの生まれ。ザグレブ音楽院でロヴロ・フォン・マタチッチに指揮法を学び、卒業後はザルツブルク・モーツァルテウム音楽院でヘルマン・シェルヘンの薫陶を受けた。また、ヘルベルト・フォン・カラヤンのレッスンも受けている。

1965年から1974年までザグレブ歌劇場の指揮者を務めて頭角を現し、1972年にはウィーン国立歌劇場にデビュー。その後も客演を重ね、約80回の公演を指揮している。1978年から1981年までチューリヒ歌劇場、1981年から1990年までグラーツ市立歌劇場の音楽総監督を歴任した。

その後も、クロアチア放送交響楽団の首席指揮者、クロアチア国立劇場のオペラ監督を務めるかたわら、ミュンヘン、ハンブルク、ベルリンの州立オペラ、ノルウェーやメキシコなどで客演を重ねた。2021年10月にはザグレブ音楽アカデミーの100周年を祝うコンサートを指揮、これが最後のステージとなった。

写真:Željko Puhovski / Cropix


関連記事

  1. 京都発 〓 京都市響の第14代常任指揮者に沖澤のどか

  2. 訃報 〓 フー・ツォン, 中国生まれの英国のピアニスト

  3. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  4. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  5. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  6. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラの新制作《ピーター・グライムズ》、新型コロナで初日を3月6日に延期

  8. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  9. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管弦楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  10. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立劇場が新制作の《ラインの黄金》をライブ・ストリーミング

  11. 浜松発 〓 国際ピアノ・コンクール中止の浜松で、初の国際ピアノ・フェスティバルを開催

  12. ロンドン発 〓 ガーディナー率いるモンテヴェルディ合唱団ら3団体の新しい本拠地は聖マーティン・イン・ザ・フィールズ教会

  13. ウィーン発 〓 バルトリが国立歌劇場にデビュー!

  14. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラの次期首席指揮者にロレンツォ・ヴィオッティ

  15. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。