訃報 〓 ジョージ・ナイクルグ, 米国のチェロ奏者

2019/03/10

米国のチェロ奏者ジョージ・ナイクルグ(George Neikrug)が8日、ボストン近郊の自宅で亡くなった。前日の7日、100歳の誕生日を迎えたばかりだった。ナイクルグはニューヨーク出身で、20世紀前半を代表するチェリストのエマヌエル・フォイアマンに師事した。その後、音楽指導者のD.C.ドゥニスの下で研鑽を積み、彼の独創的な演奏メソッドを習得した。

プロ・デビューは1947年で、その後、ボルティモア交響楽団を振り出しに、ピッツバーグ交響楽団、ブルーノ・ワルターのために編成されたコロンビア交響楽団の首席奏者などを歴任。1957年には、レオポルド・ストコフスキーが指揮する「シンフォニー・オブ・ジ・エア(NBC交響楽団の後継オーケストラ)」との共演で、ブロッホ作曲のヘブライ狂詩曲《シェロモ》をステレオ録音。作品を広く世に知らしめるきっかけを作った。

演奏活動のかたわら、後進の育成にも熱心で、オーバリン大学、デトモルト音楽大学、オースチン大学音楽学部、ボストン大学、インディアナ大学などで指導に当たった。

写真:masterthecello.com





関連記事

  1. 広島発 〓 広島交響楽団が2019年度の公演ラインナップを発表

  2. 訃報 〓 ハンス・シュタットルマイア, オーストリアの指揮者

  3. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2019シーズンのラインナップを発表

  4. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  5. ハノーバー発 〓 第10回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」はカナダのティモシー・チョイ

  6. ニューヨーク発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズが自作のスコアなどすべてを母校ジュリアード音楽院に寄贈

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。