訃報 〓 イングリッド・ヘブラー(93)オーストリア出身のピアニスト

2023/05/16

オーストリア出身の女性ピアニスト、イングリッド・ヘブラー(Ingrid Haebler)が14日、93歳で亡くなった。バッハからストラヴィンスキーまで幅広いレパートリーを持ち、気品に満ちたモーツァルトの演奏で高い評価を獲得していた。1966年以来、毎年のように来日して日本にもファンが多かった。

1929年、ウィーンの生まれ。ポーランド人の両親に連れられて生後3週間でポーランドに移住、第二次世界大戦が始まると、一家はザルツブルクに移ってモーツァルテウム音楽院に進んだ。その後、ウィーン音楽院でパウル・ヴァインガルテンに、さらにジュネーヴ音楽院ではニキタ・マガロフに、パリではマルグリット・ロンに師事して研鑚を積んだ。

1952年と1953年のジュネーヴ国際音楽コンクールで第2位、1954年のミュンヘン国際音楽コンクール、ウィーン国際シューベルト・コンクールで第1位を獲得した。またこの年、ザルツブルク音楽祭でモーツァルトのピアノ協奏曲第12番を弾いて正式デビュー、国際的な演奏活動をスタートさせた。

虚飾を排した演奏で知られ、「ピュリスト=純粋主義者」とも呼ばれた。幅広いレパートリーの中でもモーツァルトの気品に満ちた演奏は高く評価され、1960年代にモーツァルトのピアノ作品全集を録音、1980年代後半から91年にかけて再びピアノ・ソナタ全集を再録音している。

ピリオド楽器に取り組んだ草分けの一人としても知られ、1960年代にエドゥアルト・メルクス指揮のカペラ・アカデミカ・ウィーンとフォルテピアノによるバッハの鍵盤協奏曲を録音している。残された録音も多く、ヴァイオリニストのヘンリク・シェリングと共演したモーツァルトやベートーヴェンの録音も名録音の誉れ高い。

写真:Universal Music


関連記事

  1. ウィーン発 〓 サマー・ナイト・コンサートの指揮はネゼ=セガン、ウィーン・フィル

  2. ウィーン発 〓 フィリップ・ジョルダン、国立歌劇場の音楽監督退任へ

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング・サービスの年末ラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  5. ウィーン発 〓 2024年元旦の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はクリスティアン・ティーレマン

  6. 訃報 〓 ステファン・グールド(61)米国のテノール歌手

  7. 訃報 〓 ミヒャエル・ボーダー(65)ドイツの指揮者

  8. ザルツブルグ発 〓 モーツァルト週間が2024年の公演ラインナップを発表、テーマは「モーツァルトとサリエリ」

  9. 訃報 〓 ヘルムート・フロシャウアー(85)オーストリアの指揮者

  10. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  11. ウィーン発 〓 ポーランド出身のウツィア・マジアーがウィーン放送響のコンサートマスターに

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  13. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。