訃報 〓 飯守泰次郎(82)日本の指揮者

2023/08/17

指揮者の飯守泰次郎(Taijiro Iimori)が15日、急性心不全のため東京都内で亡くなった。82歳だった。ドイツ・バイロイト音楽祭の音楽助手などドイツでも活躍、ワーグナー作品の指揮で高い評価を受けた。2014年から2018年に新国立劇場のオペラ芸術監督を務めた。

旧満州国・新京生まれ。桐朋学園大学音楽科を卒業と同時に、藤原歌劇団の《修道女アンジェリカ》公演を指揮してデビュー。1966年のミトロプーロス国際指揮者コンクール、1969年のカラヤン国際指揮者コンクールに入賞、1970年からはワーグナー作品の上演で知られるバイロイト音楽祭の音楽助手を10年にわたって務め、さまざまな歴史的公演に加わった。

日本では、読売日本交響楽団の指揮者(1972ー1976)、名古屋フィルハーモニー交響楽団(1993ー1998)、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(1997ー2012)、関西フィルハーモニー管弦楽団(2001ー2011)の常任指揮者を歴任。2018年からは仙台フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者を務めていた。

ベートーヴェンやワーグナー、ブルックナーなどドイツ音楽の指揮には多くのファンがおり、ベートヴェンではベーレンライター版による交響曲全曲演奏を東京シティ・フィル、関西フィルで行っている。一方、東京シティ・フィルと《ニーベルングの指環》全4部作など、ワーグナーの楽劇を演奏会形式で上演して演奏史に大きな足跡を残した。

また、ブルックナーも、2011年から2022年にかけて関西フィルと交響曲全曲演奏に取り組んでいる。2001年にサントリー音楽賞、2004年に紫綬褒章、2012年に文化功労者と受賞多数。2014年から日本芸術院会員。


写真:金子力


関連記事

  1. 訃報 〓 佐藤しのぶ(61)日本のソプラノ歌手

  2. 東京発 〓 新国立劇場が4月10日からストリーミング配信を開始

  3. 東京発 〓 N響が2024/2025シーズンの定期演奏会の公演ラインナップを発表

  4. 東京発 〓 第31回「芥川也寸志サントリー作曲賞」に桑原ゆう《タイム・アビス〜17人の奏者による2群のアンサンブルのための》

  5. 広島発 〓 広島響の次期音楽監督にクリスティアン・アルミンク

  6. 東京発 〓 日本フィルが2024/2025シーズンの定期演奏会のラインナップを発表

  7. 越前発 〓 武生国際音楽祭が開幕

  8. 訃報 〓 オリアンナ・サントゥニオーネ(93)イタリアのソプラノ歌手

  9. 東京発 〓 NHK交響楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  10. 東京発 〓 クラシック音楽の専門誌「レコード芸術」が7月号で休刊、70年超の歴史に幕

  11. 東京発 〓 新国立劇場がストリーミング配信のための新しいプラットフォーム開設

  12. 訃報 〓 外山雄三(92)日本の指揮者・作曲家

  13. 訃報 〓 野島稔(76)日本のピアニスト

  14. 東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  15. 東京発 〓 東フィルが2023シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。