ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

2020/10/14

英国の指揮者ドナルド・ラニクルズ(Donald Runnicles)にエリザベス女王から「サー」の称号が贈られることになった。ラニクルズは2009年からベルリン・ドイツ・オペラの音楽総監督を務めてきた(-2022年)。

数少ないサウスポーの指揮者で、スコットランドのエディンバラ生まれの65歳。ケンブリッジ大学及びエディンバラ大学に学んだ後、ドイツのマンハイム歌劇場のアシスタント指揮者となってキャリアをスタートさせた。

1989年にフライブルク劇場の音楽総監督に就任。オペラでは、ウィーン国立歌劇場やメトロポリタン歌劇場など欧米各地で定期的に歌劇場の指揮台に立ち、1992年から2009年までサンフランシスコ・オペラの音楽監督を務めた。

その一方、2009年から2016年までBBCスコティッシュ交響楽団の首席指揮者を務め、現在は名誉指揮者。2001年からはアトランタ交響楽団の首席客演指揮者を務める。

ワーグナーを得意としており、ベルリン・ドイツ・オペラ、サンフランシスコ・オペラで《ニーベルングの指環》全4部作の通し上演を行っている他、ワーグナーの“聖地”バイロイト音楽祭で《タンホイザー》などを指揮している。

写真:Berliner Philharmoniker


関連記事

  1. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  2. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  3. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  4. 訃報 〓 アントン・コッポラ, 米国の指揮者・作曲家

  5. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  6. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  7. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の公演ラインナップを発表

  8. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  9. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  10. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  11. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  12. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  13. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  14. 青島発 〓 メニューイン音楽学校が青島に中国校

  15. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。