ヴェルビエ音楽祭 〓 2021年のプログラムを発表、藤田、辻井が出演

2021/01/31
【最終更新日】2024/02/08

スイス・ヴェルビエ音楽祭(Verbier Festival)2021年のプログラムを発表した。昨年は新型コロナウイルスの世界的流行で音楽祭は中止されている。発表によると、会期は7月16日から8月1日。ただ、新型コロナウイルス対策として、どの公演も休憩なしの70分前後になる他、マスク着用などが求められる。

音楽祭オーケストラを指揮するのは、音楽監督のヴァレリー・ゲルギエフの他、アントニオ・パッパーノ、ダニエル・ハーディング、イヴァン・フィッシャー、ガボール・タカーチ=ナジ、そしてクラウス・マケラと多彩。出演するアーティストの顔ぶれも相変わらず豪華で、ヴァイオリンはダニエル・ロザコヴィッチ、ジャニーヌ・ヤンセン、ダニエル・ホープが顔を揃える。もちろん、チェロのミシャ・マイスキーも出演する。

ピアノはアンドラーシュ・シフ、エフゲニー・キーシン、デニス・マツーエフ、ニコライ・ルガンスキー、ファジル・サイに加えて、藤田真央、辻井伸行もリサイタルを行う。中でも、藤田は全5回のリサイタルを通して、モーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏に取り組むなど音楽祭で重要な役回りを務める。

室内楽も、オーギュスタン・デュメイとマリア・ジョアン・ピレシュやケネー=メイソン兄弟のデュオ、スティーヴン・イッサーリスとジョシュア・ベル、エフゲニー・キーシンのトリオの公演もある。声楽陣もトーマス・ハンプソン、マティアス・ゲルネが出演。アカデミーの歌手たちによるコンサート形式のプッチーニ《ラ・ボエーム》がジェームズ・ガフィガンの指揮で上演される。

写真:Verbier Festival


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールが最終出場者22人を発表

  2. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表、新しい「リング・チクルス」がスタート

  3. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 今年の復活祭音楽祭は5月開催に変更、2022年のオペラは《スペードの女王》と発表

  4. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新製作の《サロメ》をライブ・ストリーミング

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 ヤンソンスの代役にウェルザー=メスト、ソヒエフ

  6. パルマ発 〓 イタリアのヴェルディ音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が夏のオペラ・フェスティバルのスケジュールを発表

  8. ペーザロ発 〓 イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルが《ランスへの旅》をライブ・ストリーミング

  9. ヴェルビエ発 〓 音楽祭が緊急救援基金起ち上げ、コロナ禍で苦境のフリー・アーティストに支援金

  10. ブレゲンツ発 〓 エンリケ・マッツォーラがブレゲンツ音楽祭のレジデント指揮者に

  11. パルマ発 〓 ヴェルディ・フェスティバルが2023年の公演ラインナップを発表

  12. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2023年の音楽祭の概要を発表

  13. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭が総裁を務めるチェチーリア・ガスディアとの契約を延長

  14. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  15. シンシナティ発 〓 シンシナティ・オペラがサマーフェスティバルのスケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。