ザルツブルク発 〓 ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭、今年は5月21日に開幕

2021/04/28
【最終更新日】2022/12/15

ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭が音楽祭催行を発表した。聖霊降臨祭音楽祭はメゾ・ソプラノ歌手のチェチーリア・バルトリ(Cecilia Bartoli)が芸術監督を務めており、昨年の音楽祭は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されている。

発表によれば、今年の音楽祭は5月21日に開幕、24日までの日程で行われる。ただし、キャパシティの50%という入場制限付。上演されるオペラは、ヘンデル《時と悟りの勝利》、モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》、プッチーニ《トスカ》など。

写真:Salzburger Festspiele


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 中止された公演の報酬めぐり、ザルツブルグ音楽祭に対して集団訴訟か。芸術監督の辞任も要求

  2. サンタフェ・オペラ 〓 2022年の公演ラインナップを発表

  3. ザルツブルク発 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年のモーツァルト週間が開幕

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  5. ロンドン発 〓 夏の音楽祭「BBCプロムス」が2019年秋に日本公演

  6. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  7. 松本発 〓 「セイジ・オザワ松本フェスティバル」が2023年の概要を発表、なんとジョン・ウィリアムズが客演!

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場に続いて、ウィーン・フィル主催の舞踏会も中止

  9. ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  11. サヴォンリンナ発 〓 オペラ・フェスティバルが2021年夏の公演ラインナップを発表

  12. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  14. ハノーファー発 〓 指揮者のインゴ・メッツマッハーがヘレンハウゼン芸術祭の芸術監督を“卒業”

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。