ザルツブルク復活祭音楽祭 | Salzburger Osterfestspiele

[開催都市]Salzburg … Austria
      ザルツブルク … オーストリア
[開催時期]2023:4.1 … 4.10

  音楽祭のサイトへ ▷


有名な夏の音楽祭とは別に、イースター(復活祭)時期にザルツブルクで行われている音楽祭。10日ほどの会期中、1つのオペラ、2つのオーケストラコンサート、1つの合唱入りのオーケストラコンサートを組み合わせたプログラムが、2日間の休日を挟んで2回行われるスタイルが定着している。

音楽祭が創設されたのは1967年のこと。創始者は“楽壇の帝王”と呼ばれた20世紀最大のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンだった。彼は生まれ故郷のザルツブルクの夏の音楽祭の総監督を務め、世界で最もゴージャスな音楽祭に押し上げたが、それに飽き足らず、より個人色の強い音楽祭を起ち上げたことになる。

当時、巨匠にはオペラを指揮する場がなかった。そのため、終身芸術監督を務めていたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を使ってオペラを演奏、録音する場が欲しかったからとされる。その想い通り、音楽祭は巨匠が有名なオペラ作品を演奏し(とりわけワーグナーの)、録音する場となり、また、ベルリン・フィルによるオペラ演奏を聴くことができる貴重な場となった。

巨匠が1989年に亡くなった後も、ベルリン・フィルはクラウディオ・アバド、サイモン・ラトルといった時の音楽監督と出演を続けていたが、2013年からイースター時期はドイツのバーデン=バーデン音楽祭に出演することを決めた。そのピンチを救ったのが、クリスティアン・ティーレマン率いるシュターツカペレ・ドレスデンで、2013年から出演を続け、いまや彼らが音楽祭の顔だ。

しかし、それも2022年まで。2020年に音楽祭の総監督に就任したニコラウス・バッハラーが2023年からはレジデンス・オーケストラを置かないという路線に舵を切ったからだ。バッハラーはミュンヘンのバイエルン州立オペラの総監督を務めた大物。“中興の祖”として存在を高めていたティーレマンをバッサリ切った。取り敢えず2023年は、アンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団を招くことが決まっている。

そして、話はそれで終わらず……。2023年に入って、なんと2025年からベルリン・フィルが12年ぶりにレジデンス・オーケストラに復帰するとの発表があり、音楽ファンの度肝を抜いた。ベルリン・フィルは毎年定期的に客演は続けることでバーデン=バーデンとは“円満離婚”、ザルツブルクは創設オーケストラの復帰で、音楽祭はまた新たな地平に踏み出すことになる。

関連記事

  1. ヘルマンス音楽祭 | Hermans Festival

  2. 4MBS音楽祭 | 4MBS Festival of Classics

  3. ヴィリニュス芸術祭 | Vilniaus festivalių

  4. パラツェット・ブリュ・ザーネ音楽祭 | Festival Palazzetto Bru Zane Paris

  5. ヴィチェンツァ・オペラ・フェスティバル | Vicenza Opera Festival

  6. ヒッツアッカー音楽週間 | Musikwoche Hitzacker

  7. ムジカ・エレクトニカ・ノヴァ | Musica Electronica Nova

  8. ヘルシンキ・フェスティバル | Helsingin juhlaviikot

  9. ザンクト・ガレン芸術祭 | St.Galler Festspiele

  10. チェルトナム・フェスティバル | Cheltenham festival

  11. イッリカ・フェスティバル | Festival Illica di Castell’Arquato

  12. ラウス・ポリフォニエ | Laus Polyphoniae

  13. ヴヴェイ・スプリング・クラシック | Vevey Spring Classic

  14. マントヴァ室内楽音楽祭 | Mantova Chamber Music Festival

  15. ホーランド公園オペラ | Opera Holland Park