ザルツブルク復活祭音楽祭 | Salzburger Osterfestspiele

[開催都市]Salzburg … Austria | ザルツブルク … オーストリア
[開催時期]2021:4.2 … 4.5

    音楽祭のサイトへ ▷


有名な夏の音楽祭とは別に、イースター(復活祭)時期にザルツブルクで行われている音楽祭。10日ほどの会期中、1つのオペラ、2つのオーケストラコンサート、1つの合唱入りのオーケストラコンサートを組み合わせたプログラムが、2日間の休日を挟んで2回行われるスタイルが定着している。

音楽祭が創設されたのは1967年のこと。創始者は“楽壇の帝王”と呼ばれた20世紀最大のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンだった。彼は生まれ故郷のザルツブルクの夏の音楽祭の総監督を務め、世界で最もゴージャスな音楽祭に押し上げたが、それに飽き足らず、より個人色の強い音楽祭を起ち上げたことになる。

当時、巨匠にはオペラを指揮する場がなかった。そのため、終身芸術監督を務めていたベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を使ってオペラを演奏、録音する場が欲しかったからとされる。その想い通り、音楽祭は巨匠が有名なオペラ作品を演奏し(とりわけワーグナーの)、録音する場となり、また、ベルリン・フィルによるオペラ演奏を聴くことができる貴重な場となった。

巨匠が1989年に亡くなった後も、ベルリン・フィルはクラウディオ・アバド、サイモン・ラトルといった時の音楽監督と出演を続けていたが、2013年からイースター時期はドイツのバーデン=バーデン音楽祭に出演することを決めた。そのピンチを救ったのが、クリスティアン・ティーレマン率いるシュターツカペレ・ドレスデンで、2013年から出演を続け、いまや彼らが音楽祭の顔だ。

しかし、それも2022年まで。2020年に音楽祭の総監督に就任したニコラウス・バッハラーが2023年からはレジデンス・オーケストラを置かないという路線に舵を切ったからだ。バッハラーはミュンヘンのバイエルン州立歌劇場の総監督を務めた大物。“中興の祖”として発言力を増していたティーレマンをバッサリ切って、新路線を推し進めている。

関連記事

  1. ミッケリ音楽祭 | Mikkelin Musiikkijuhlat

  2. ブレゲンツ音楽祭 | Bregenzer Festspiele

  3. ヒッツアッカー音楽週間 | Sommerliche Musiktage Hitzacker

  4. ウンブリア音楽祭 | Sagra Musicale Umbra

  5. トランス=シベリア芸術祭 | Транссибирский Арт Фестиваль

  6. ソチ国際音楽祭 | Зимний международный фестиваль искусств в Сочи

  7. 音楽祭新作オペラ2019[インスブルック古楽音楽祭]ラ・ドリ

  8. 国際音楽祭NIPPON | International Music Festival NIPPON

  9. タリン・バッハ音楽祭 | Tallinna Bachi muusika festivali

  10. アスペン音楽祭 | Aspen Music Festival

  11. 音楽祭新作オペラ2020[ザルツブルク音楽祭]コジ・ファン・トゥッテ

  12. プッチーニ・フェスティバル | Festival Puccini

  13. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 | Festival International d’Art Lyrique d’Aix-en-Provence

  14. シドニー港ハンダ・オペラ | Handa Opera on Sydney Harbour

  15. プラハの春 | Pražské jaro