ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

2020/08/08

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Vienna Philharmonic Orchestra)は、夏の夜のコンサートの無料開放を行わないことになった。一部の招待客を招くだけにするという。

夏の夜のコンサートは、ウィーンのシェーンブルン宮殿前で行われている初夏の野外イベント。80か国以上で放送されている。例年は5月後半に行われているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、9月18日に延期されていた。

今年の指揮者はワレリー・ゲルギエフで、「愛」がテーマ。モーリス・ジャール作曲の映画「ドクトル・ジバゴ」組曲の演奏に加え、テノールのヨナス・カウフマンがマスネやカールマン、プッチーニのアリアなどを歌い上げる。

写真:Wiener Philharmoniker / Julius Silver


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ザルツブルク音楽祭 〓 2020年夏の音楽祭のプログラムを発表

  2. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを厳格化、劇場やホールは12月半ば過ぎまで閉鎖

  4. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管弦楽団の次期首席指揮者にアントニー・ヘルムス

  5. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  6. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  7. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月に延期

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  9. モスクワ発 〓 ロシアは過去24時間の新規感染者、死者とも過去最多を記録、来月7日まで全土で劇場など閉鎖

  10. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響の指揮をキャンセル、また新型コロナの陽性反応。代役にリナ・ゴンサレス・グラナドス

  11. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  12. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の次期芸術総監督にベルリン州立オペラのマティアス・シュルツ

  13. デュッセルドルフ発 〓 シューマンの旧居の改修工事始まる、博物館としてリニューアル

  14. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。