ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

2020/04/09

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が4月後半の、ストリーミング配信のラインナップを発表した。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けたオーストリア政府の方針で、国立歌劇場は6月いっぱい閉鎖されることが決まっている。

……… 4月

15日:ワーグナー《パルジファル》=2019
指揮:ワレリー・ゲルギエフ
演出:アルヴィス・ヘルマニス


16日:リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》=2013
指揮:アダム・フィッシャー
演出:オットー・シェンク


17日:ロッシーニ《アルジェのイタリア女》=2015
指揮:ヘスス・ロペス・コボス
演出:ジャン=ピエール・ポネル


18日:ロルツィング《ウンディーネ》=2015
指揮:ヨハネス・ヴィルトナー
演出:アレキサンダー・メデム


19日:リヒャルト・シュトラウス《カプリッチョ》=2018
指揮:ミヒャエル・ボーダー
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ


20日:ロッシーニ《アルジェのイタリア女》=2017
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:ジャン=ピエール・ポネル


22日:ベートーヴェン《フィデリオ》=2019
指揮:アダム・フィッシャー
演出:オットー・シェンク


23日:ドニゼッティ《アンナ・ボレーナ》=2011
指揮:エヴェリーノ・ピド
演出:エリック・ジェノヴェーゼ


24日:プッチーニ《蝶々夫人》=2018
指揮:ヤデル・ビニャミーニ
演出:ヨゼフ・ギーレン


25日:ドーデラー《ファティマ》=2015
指揮:ベンジャミン・ベイ
演出:ヘンリー・メイソン


25日:ベートーヴェン《フィデリオ》=2017
指揮:コルネリウス・マイスター
演出:オットー・シェンク


26日:フンパーディンク《ヘンゼルとグレーテル》=2017
指揮:アクセル・コーバー
演出:エイドリアン・ノーブル


27日:プッチーニ《蝶々夫人》=2016
指揮:フィリップ・オーギャン
演出:ヨゼフ・ギーレン


28日:ベートーヴェン《フィデリオ》=2016
指揮:ペーター・シュナイダー
演出:オットー・シェンク


30日:ベルリオーズ《トロイアの人々》=2018
指揮:アラン・アルティノグリュ
演出:デイヴィッド・マクヴィカー


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ブリン・ターフェルがイングリッシュ・ナショナル・オペラ存続のための嘆願活動

  2. 東京発 〓 都響の新たなコンサートマスターに水谷晃

  3. リスボン発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが現場復帰を報告

  4. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  5. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  6. エーケレー発 〓 ドロットニングホルム宮殿劇場の次期音楽監督にフランチェスコ・コルティ

  7. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭、今年は5月21日に開幕

  8. オストラヴァ発 〓 ヤナーチェク・フィルの次期芸術監督にロシアの指揮者ダニエル・ライスキン

  9. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、芸術総監督ホモキが最終シーズン

  10. ロンドン発 〓 マリン・オールソップがフィルハーモニア管の首席客演指揮者に

  11. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  12. ウィーン発 〓 指揮者のティーレマンが国立歌劇場の名誉団員に

  13. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  14. パリ発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルがフランス国立管との契約を延長

  15. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。