ザルツブルク音楽祭 〓 2021年夏の音楽祭の公演ラインナップを発表

2020/12/11
【最終更新日】2020/12/15

オーストリアのザルツブルク音楽祭(Salzburger Festspiele)が2021年の公演ラインナップを発表した。それによると、2021年の音楽祭は7月17日から8月31日の開催。100周年という節目の年を迎えた2020年の音楽祭は、新型コロナウイルスの流行で日程、規模を縮小して行われた。2020年に予定されていたオペラで2021年にスライドするものも多い。

発表によると、2021年の音楽祭は「平和」というテーマを持ち、ブリテンの《戦争レクイエム》といったプログラムが多く組まれる。また、スポットライトが当てられる作曲家は、ヨハン・ゼバスティアン・バッハとモートン・フェルドマン(1926-1987)の二人。

オペラは、新制作、再演、コンサート形式を含めて8作品。新制作は、2020年からスライドしたロメオ・カステルッチ演出でテオドール・クルレンツィスが指揮する《ドン・ジョヴァンニ》、再演ではアンナ・ネトレプコ主演の《トスカ》が話題を集める。

一方、音楽祭の「レジデント・オーケストラ=座付きオーケストラ」であるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを指揮する指揮者は、ウェルザー=メスト、アンドリス・ネルソンズ、クリスティアン・ティーレマン、リッカルド・ムーティ、ヘルベルト・ブロムシュテットの5人。

リサイタルなどのアーティストの顔ぶれもいつもながらに多彩で、マルタ・アルゲリッチ、ゴーティエ・カプソン、グリゴリー・ソコロフ、アルカーディ・ヴォロドス、アンドラーシュ・シフ、エフゲニー・キーシン、マウリツィオ・ポリーニ、ダニール・トリフォノフ、内田光子、アンネ=ゾフィー・ムターたちが充実を聴かせる。

また、客演オーケストラは、バーミンガム市交響楽団、南西ドイツ放送交響楽団、シャンゼリゼ管弦楽団、ムジカエテルナ、ウィーン放送交響楽団、ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団、グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団、シカゴ交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。


 ……… オペラ

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
7月26日–8月20日:祝祭大劇場
[演出]ロメオ・カステルッチ
[指揮]テオドール・クルレンツィス
[出演]ミカ・カレス / ナデジダ・パブロワ / マイケル・スパイレス
 / フェデリカ・ロンバルディ / ヴィート・プリアンテ / デイビット・シュテフェンス / アンナ・ルチア・リヒター / ダヴィデ・ルチアーノ
[オーケストラ]ムジカエテルナ聖歌隊 / ムジカエテルナ


リヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》
7月27日–8月28日:フェルゼンライトシューレ
[演出]クリストフ・ ワリコフスキ
[指揮]フランツ・ウェルザー=メスト
[出演]ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー / ヴィダ・ミクネヴィチューテ / アスミク・グリゴリアン / マイケル・ローレンツ / クリストファー・モルトマン / アウシュリネ・ストゥンディーテ
[オーケストラ]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


ヘンデル《時と悟りの勝利》
8月4日–17日:モーツァルト劇場
[演出]ロバート・カーセン
[指揮]ジャンルカ・カプアーノ
[出演]メリッサ・プチ / チェチーリア・バルトリ / ローレンス・ザッツォ / チャールズ・ワークマン
[オーケストラ]モナコ公の音楽家たち


モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
8月6日–19日:祝祭大劇場
[演出]クリストフ・ロイ
[指揮]ヨアナ・マルヴィッツ
[出演]エルザ・ドライジグ / マリアンヌ・クレバッサ / アンドレ・シュエン / ボグダン・ヴォルコフ / レア・デサンドレ / ヨハネス・マルティン・クレンツレ
[オーケストラ]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


フェルドマン《Neither=~でもなく》
8月13日:コレーギエン教会
[指揮]イラン・ヴォルコフ
[出演]サラ・アリスティド
[オーケストラ]ウィーン放送交響楽団


ノーノ《不寛容》
8月15日–29日:フェルゼンライトシューレ
[演出]ヤン・ロワース
[指揮]インゴ・メッツマッハー
[出演]ショーン・パニカー / サラ・マリア・ズン / アンナ・マリア・キウリ / アントニオ・ヤン / Musa Ngqungwana
[オーケストラ]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


プッチーニ《トスカ》
8月21日–31日:祝祭大劇場
[演出]ミヒャエル・シュトゥルミンガー
[指揮]マルコ・アルミリアート
[出演]ユシフ・エイヴァゾフ / リュドヴィク・テジエ / アンナ・ネトレプコ
[オーケストラ]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


ベルリオーズ《ファウストの劫罰》=コンサート・スタイル
8月22日:祝祭大劇場
[指揮]アラン・アルティノグリュ
[出演]エリーナ・ガランチャ / チャールズ・カストロノーヴォ / イルダル・アブドラザコフ / ペーター・ケルナー
[オーケストラ]ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


写真:Salzburger Festspiele / anne zeuner


    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. シュヴェチンゲン発 〓 SWRシュヴェツィンゲン音楽祭が開催を断念

  2. リッチモンド発 〓 次回のメニューイン・コンクールの審査委員長はパメラ・フランク

  3. バーデン=バーデン音楽祭 〓 バーデン=バーデン祝祭劇場、2018/2019シーズンのラインナップを発表

  4. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが首席客演指揮者にキム・ウンソン

  5. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  6. パリ発 〓 フルートのゴールウェイにフランス政府から芸術文化勲章

  7. バイロイト音楽祭 〓 ゲルギエフが《タンホイザー》の指揮をキャンセル、代役にティーレマン

  8. ロンドン発 〓 世界最大級の名物録音スタジオ売却へ

  9. モスクワ発 〓 第16回チャイコフスキー国際コンクールが閉幕、藤田真央がピアノ部門で2位に

  10. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  11. ガーシントン・オペラ 〓 2019年夏のラインナップを発表

  12. ミラノ発 〓 クリストフ・フォン・ドホナーニ、復活もまたキャンセル

  13. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  14. 東京発 〓 リッカルド・ムーティが第30回「高松宮殿下記念世界文化賞」を受賞

  15. [ 新作オペラFLASH 2018 ]バイロイト音楽祭 〓 ローエングリン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。