ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

2020/04/23

ドイツ政府がイベントを8月いっぱい禁止したことを受け、ルール・トリエンナーレ(Ruhr Triennale)も中止を発表した。

総合芸術祭は2002年の設立で、3年に一度の開催。ボーフム、ドルトムント、デュイスブルク、エッセン、グラッドベック、ヴッパータールなど、ルール地方の諸都市で公演が行われている。今年は8月14日から9月20日の日程で行われる予定だった。

計画では、約40カ国から700人以上のアーティストがミュージカル劇場、演劇、ダンス、コンサートなど、33のプロダクション、プロジェクトが17の会場で行われることになっていた。

事務局では、9月に入ってイベントの開催が解禁された場合、製作が進んでいたプロダクションの上演を模索するという。

写真:Ruhr Triennale


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ラハティ発 〓 指揮者のオスモ・ヴァンスカが骨折事故を乗り越え、車椅子で現場復帰へ

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第7週のラインナップ発表

  3. フライブルク発 〓 2021年の「ドイツ音楽コンクール」の受賞者決まる

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月のスペイン・ツアーをキャンセル

  5. カルガリー発 〓 ホーネンス国際ピアノ・コンクールが1年延期を発表

  6. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ(81)オランダの指揮者、ピアニスト、作曲家

  7. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  8. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  9. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  10. ベルリン発 〓 ドイツの演出家クラウス・グートがロシアの「ゴールデン・マスク賞」の受賞を拒否

  11. ジュネーブ発 〓 ジョナサン・ノットが音楽監督を務めるスイス・ロマンド管と契約更改、任期を2026年まで延長

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  13. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  14. 訃報 〓 バリー・タックウェル(88)オーストラリアのホルン奏者

  15. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が《薔薇の騎士》を無料ストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。