ブッパータール発 〓 市の音楽総監督に25歳のパトリック・ハーン

2020/08/04

ドイツ・ブッパータール市が音楽総監督(GMD)にオーストリアの若手指揮者パトリック・ハーン(Patrick Hahn)を起用することを決めた。英国の女流指揮者ジュリア・ジョーンズの後任で、任期は2021/2022シーズンから。ハーンはグラーツ出身の24歳。ドイツで最も若い音楽総監督となる。

ブッパータール市の音楽総監督はヴッパータール交響楽団を指揮してコンサート、オペラともに手がけるポスト。市の発表によると、今回の音楽総監督選びには約100人の応募があり、1月に客演して好印象を残したハーンが満場一致で決まったという。

ハーンはグラーツの少年合唱団で活動後、11歳からグラーツ音楽大学でピアノを専攻。指揮についてはクルト・マズア、ベルナルト・ハイティンクのマスタークラスに参加。米国のアスペン音楽祭とタングルウッド音楽祭で研鑽を積んでいる。

若くしてミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団やドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団を指揮した経験を持ち、バイエルン州立歌劇場、ハンブルク州立歌劇場、ハンガリー国立歌劇場などでオペラも指揮している。

写真:Harrison Parrott / Suntory Hall


    もっと詳しく ▷



関連記事

  1. ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

  2. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  3. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  4. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  6. 訃報 〓 アントン・コッポラ, 米国の指揮者・作曲家

  7. マドリード発 〓 テアトロ・レアルの新シーズンはヴェルディ《仮面舞踏会》で開幕

  8. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  9. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  10. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  11. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  12. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  13. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  14. 東京発 〓 原田慶太楼が東響の正指揮者に

  15. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。