ラハティ発 〓 指揮者のオスモ・ヴァンスカが骨折事故を乗り越え、車椅子で現場復帰へ

2023/01/19

フィンランドの指揮者オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä)が26日、母国のラハティ交響楽団のコンサートを指揮して演奏活動に復帰することが明らかになった。ヴァンスカは昨年末、骨盤と肩の骨を骨折、手術の後、静養とリハビリを続けていた。

ヴァンスカは現在、69歳。骨折したのは昨年12月初旬のことで、自宅で孫娘と遊んでいた際に梯子からコンクリートの床に転落、10時間という手術を経て、全治6ヵ月と診断された。

ヴァンスカは2022年でソウル市立交響楽団の首席指揮者を退任することが決まっており、昨年末には《第九》を指揮するオーケストラとの“お別れコンサート”が予定されていたが、それらもすべてキャンセルしていた。

フィンランドでの報道によれば、腕自体はまだ動かすことが無理で、ラハティ響の演奏会は車椅子に座り、手首の動きでオーケストラに指示を出すという。26日のコンサートでは、ヴァンスカの自作《前奏曲》の他、ベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》などを指揮する。

写真:Star Tribune / Brian Peterson


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ劇場のジェニファー・オローリン、ルシアン・クラスネクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  4. ケープタウン発 〓 若手歌手のための「オペラリア」、2023年は南アフリカのケープタウンで開催

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  6. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  7. 訃報 〓 ネッロ・サンティ(88)イタリアの指揮者

  8. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  9. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールはカザフスタンのアリム・バイゼンバエフが優勝、小林海都が2位に

  10. 東京発 〓 N響が2024/2025シーズンの定期演奏会の公演ラインナップを発表

  11. リガ発 〓 指揮者のカレル・マーク・チチョンがラトビア国籍を取得

  12. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  13. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響が無料で5,000席を提供、国民保健サービス関係者向けに

  14. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチがワロン王立オペラの音楽監督を退任

  15. バイロイト発 〓 ワーグナー博物館の地下保管庫に水、4000冊を超える書籍が水浸しに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。