ラハティ発 〓 指揮者のオスモ・ヴァンスカが骨折事故を乗り越え、車椅子で現場復帰へ

2023/01/19

フィンランドの指揮者オスモ・ヴァンスカ(Osmo Vänskä)が26日、母国のラハティ交響楽団のコンサートを指揮して演奏活動に復帰することが明らかになった。ヴァンスカは昨年末、骨盤と肩の骨を骨折、手術の後、静養とリハビリを続けていた。

ヴァンスカは現在、69歳。骨折したのは昨年12月初旬のことで、自宅で孫娘と遊んでいた際に梯子からコンクリートの床に転落、10時間という手術を経て、全治6ヵ月と診断された。

ヴァンスカは2022年でソウル市立交響楽団の首席指揮者を退任することが決まっており、昨年末には《第九》を指揮するオーケストラとの“お別れコンサート”が予定されていたが、それらもすべてキャンセルしていた。

フィンランドでの報道によれば、腕自体はまだ動かすことが無理で、ラハティ響の演奏会は車椅子に座り、手首の動きでオーケストラに指示を出すという。26日のコンサートでは、ヴァンスカの自作《前奏曲》の他、ベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》などを指揮する。

写真:Star Tribune / Brian Peterson


関連記事

  1. ロンドン発 〓 カリーナ・カネラキスがロンドン・フィルの首席客演指揮者に

  2. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが来年年4月までの公演のキャンセルを発表

  3. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  4. 訃報 〓 野島稔, 日本のピアニスト

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  6. チューリッヒ発 〓 トーンハレ管が音楽監督のパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  7. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  8. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルのメンバーに初のトルコ人

  10. 訃報 〓 ジョーゼフ・カリクシュタイン, イスラエルのピアニスト

  11. パリ発 〓 医療従事者の写真をバスティーユ歌劇場の壁面に、パリ国立オペラ

  12. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  14. ハイデルベルク発 〓 ピアニストのイゴール・レヴィットが「ハイデルベルクの春」音楽祭の共同芸術監督に就任

  15. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。