訃報 〓 ヴォロディミル・コジュハーリ(82)ウクライナの指揮者

2022/12/16
【最終更新日】2023/02/05

ウクライナ生まれの指揮者ヴォロディミル・コジュハーリ(Volodymyr Kozhukhar)が3日に亡くなった。82歳だった。死因などは明らかにされていない。旧ソ連を代表する指揮者の一人で、母国ウクライナの首都キエフにあり、タラス・シェフチェンコの名を冠したキエフ国立オペラ・バレエ劇場の指揮者などを歴任、キエフ音楽院の指揮法の主任教授を務めた。

ウクライナ中部ヴィーンヌィツャの生まれ。リセンコ音楽学校、キエフ音楽院でトランペットを学んだ後、旧ソ連時代のモスクワ音楽院に進み、ゲンナジー・ロジェストヴェンスキーの下で指揮を学んだ。1964年にウクライナ国立交響楽団で指揮者としての活動を始めた。

1973年にはキエフ国立オペラ・バレエ劇場の指揮者陣に加わり、1977年から1989年まではモスクワにあるスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場の首席指揮者を務めた。その後、1989年から2011年までキエフ国立オペラ・バレエ劇場の首席指揮者を務めた。

教育者としても、1965年から母校のキエフ音楽院やグネーシン音楽学校などで指揮法の講座を持ち、1993年からはキエフ音楽院の指揮法の主任教授を務めていた。1985年に旧ソ連から、1993年にはウクライナから「人民芸術家」の称号が贈られている。

写真:National Opera of Ukraine


関連記事

  1. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  2. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  3. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  4. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. リンツ発 〓 マルクス・ポシュナーがブルックナー管の首席指揮者を2026/2027シーズンで退任

  6. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  7. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  9. バルセロナ発 〓 指揮者のジョセップ・ポンスがリセウ大劇場との契約を延長

  10. イエナ発 〓 イエナ・フィルが音楽総監督のジモン・ガウデンツとの契約を延長

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第8週のラインナップを発表

  12. モスクワ発 〓 プーチン大統領がゲルギエフに対し、ボリショイ、マリインスキーの両方を統括するポストを打診

  13. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  14. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  15. ブレーメン発 〓 ドイツ・カンマーフィルの首席客演指揮者にフィンランドの若手タルモ・ペルトコスキ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。