テルアビブ発 〓 若手歌手のための「オペラリア 2020」が中止を発表

2020/06/14

若手歌手のための「Operalia 2020=オペラリア 2020」の中止が発表された。新型コロナウイルスの世界的な感染がいまだ続いているため。

「オペラリア」はテノール歌手のプラシド・ドミンゴが主宰する若手歌手のためのコンクール。創設は1993年の創設で、18歳から32歳までの若者が対象。毎年違う都市で開催されており、2019年はプラハで行われている。

今年は10月22日から28日の日程で、イスラエル・テルアビブの「パフォーミング・アーツ・センター」で行われる予定だった。

写真:Operalia


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  2. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  3. ダルムシュタット発 〓 州立劇場が音楽総監督のダニエル・コーエンとの契約を延長

  4. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  5. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が首席指揮者のマリン・オールソップとの契約を延長

  6. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団の「マーラー・フェスティバル」は2023年に仕切り直し

  7. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ, ロシアのバス歌手

  8. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  9. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が無料のストリーミング配信を開始、その名も“ストリーミング・フェスティバル”

  10. ベルリン発 〓 セバスチャン・ジャコー、ベルリン・フィルの首席フルートに

  11. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  12. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  13. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  14. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  15. シカゴ発 〓 シカゴ響が「ムーティ最後のシーズン」2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、注目集める客演指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。