ウィーン発 〓 中止された公演の報酬めぐり、ザルツブルグ音楽祭に対して集団訴訟か。芸術監督の辞任も要求

2022/11/16
【最終更新日】2022/11/24

コロナ禍で多くの公演が中止された2020年のザルツブルク音楽祭をめぐり、未払いの報酬があるとして、67人のオペラ歌手、120人の合唱団員が集団訴訟を起こす準備をしていることが判った。代理人の弁護士が11日、ウィーン市内で記者会見して明らかにした。

発表によると、2020年の音楽祭ではコロナ禍でムソルグスキーのオペラ《ボリス・ゴドノフ》など多くの上演が中止されたが、既に始まっていたリハーサルに参加していたフリーランスのアーティスト、合唱団員らに対する報酬が十分に支払われていないとしている。公演中止などで影響を受けたアーティストは約120人に上り、未払い分の総額は推定で約1000万ユーロ(約14億4,000万円)になるという。

また、音楽祭が合唱団に対して値引きを求めたことについて、訴訟団に加わるテノール歌手のヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケは「コンサート協会の正会員は追加会員の約2倍の金額を受け取っている、これは平等原則にあからさまに違反している」と、平等法に反すると主張している。

これに対して音楽祭は、2020年の音楽祭は、コロナ禍の最初の夏に開催された世界で最も大きな音楽イベントであり、何百人ものアーティストに雇用を提供したと指摘。「2020年に予定されていた作品はほぼすべて2021年と2022年にスライドさせることに成功」、それに当たり、アーティストの所属事務所、オーケストラ、合唱団との間で、今後キャンセルが発生した場合についてそれぞれの前払い金などを規定した独自のコロナ条項に合意しており、その際に精算済みとの考え。

訴訟団は当事者間で合意が得られない場合は、訴訟に踏み切るだけでなく、訴訟の中で音楽祭の芸術監督を務めるピアニストのマルクス・ヒンターハウザーの退任を求めることを明らかにした。ヒンターハウザーは2016年からその任にあり、2019年の契約更改で任期は2026年まで延長されている。

写真:Salzburger Festspiele


  音楽祭プロフィールはこちら ▷

  音楽祭から生まれた銘盤 ▷


関連記事

  1. バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

  2. ゲッティンゲン発 〓 ヘンデル音楽祭が延期を発表

  3. 宮崎発 〓 宮崎国際音楽祭が2022年の公演ラインナップを発表

  4. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  6. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  7. ヴェルビエ音楽祭 〓 クラスター乗り越えて予定通り開幕、藤田真央はモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏へ

  8. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  9. ウィーン発 〓 ソプラノのカミラ・ニールンドに「宮廷歌手」の称号

  10. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 今年の復活祭音楽祭は5月開催に変更、2022年のオペラは《スペードの女王》と発表

  11. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」

  12. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ネトレプコ主演の《トゥーランドット》はコンサート形式で

  13. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 ライプツィヒ・バッハ音楽祭の「バッハ・メダル」、2021年は初めて二人の音楽学者に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。