ア・コルーニャ発 〓 ガリシア響の次期首席指揮者にロベルト・ゴンサレス=モンハス

2022/10/07

スペインのガリシア交響楽団(Sinfónica de Galicia)が次期首席指揮者にロベルト・ゴンザレス=モンハス(Roberto González-Monjas)を迎えると発表した。2013年からその任にあるディーマ・スロボデニュークの後任で、任期は3年。ゴンサレス=モンハスは2005年から2007年にかけてオーケストラのコンサートマスターを務めていた。

ゴンザレス=モンハスはスペイン北部バリャドリッド生まれの34歳。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校で学んでガリシア交響楽団のコンサートマスターを経て、2014年から2020年までローマのサンタ・チェチーリア国立管弦楽団のコンサートマスターを務めた。

その後、スイス最古の楽団として知られるヴィンタートゥール・ムジークコレギウムのコンサートマスターを務め、2021/2022シーズンからは首席指揮者を務めている。また、2021年には、ベルギー国立管弦楽団の首席客演指揮者に就任した。

ガリシア交響楽団は1992年、スペイン北西部の大西洋に面した港湾都市ア・コルーニャを本拠地に創設されたオーケストラ。多彩なゲスト招聘、動画投稿サイト「YouTube」への取り組み、イタリアのロッシーニ・オペラ・フェスティバルへの客演など、アグレッシブな活動で知られる。

写真:Marco Borggreve


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 エリザーベト・レオンスカヤがモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリース

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. アムステルダム発 〓 オランダは全土で部分的なロックダウンへ

  4. ミュンヘン発 〓 ソプラノのニーナ・シュテンメにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  5. ザルツブルク発 〓 1592年にオープンの老舗楽譜店が閉店

  6. ウェリントン発 〓 ニュージーランド響の次期首席指揮者にジェンマ・ニュー

  7. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  9. ロンドン発 〓 ロンドン・フィルが首席客演指揮者のカリーナ・カネラキスとの契約を延長

  10. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  11. トリノ発 〓 トリノ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、ムーティは《仮面舞踏会》を指揮

  12. ベルリン発 〓 州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. 訃報 〓 クシシュトフ・ペンデレツキ(86)ポーランドの作曲家

  14. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  15. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。