ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

2020/04/21

ピアノのイゴール・レヴィット(Igor Levit)がノーベル賞の授賞式コンサートに招かれることが決まった。フランスの指揮者ステファヌ・ドゥネーヴ(Stéphane Denève)指揮のロイヤル・ストックホルム管弦楽団と共演する。

レヴィットは旧ソ連のゴーリキー(現在のロシア・ニジニーノヴゴロド)生まれの33歳。ユダヤ系の家系で、3歳からピアノを学び、8歳だった1995年に家族とドイツ・ハノーファーに移住。長じてハノーファー音楽演劇メディア大学で学んだ。

在学中の2004年に浜松国際ピアノ・アカデミー・コンクールで優勝。2005年に「アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノ・コンクール」に最年少で参加して4つの賞を獲得した。2009年の卒業時には理論、演奏で大学史上最高の成績で収めて注目を浴びた。現在はベルリンを拠点に活動中。

政治的な行動、発言でも知られ、2017年には「EU」離脱に動いていた英国の「BBC Proms」開幕コンサートに出演、そのアンコールにベートーヴェンの「歓喜の歌」を演奏。「EU=欧州連合」への連帯をアピールして物議を醸した。

また、昨年はドイツの反ユダヤ勢力から脅迫を受け、警察が動くという騒動も起きている。

写真:Sony Classical / Felix Broede


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

  2. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  3. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  4. ミュンヘン発 〓 パーヴォル・ブレスリクにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  5. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  6. ワルシャワ発 〓 アントニ・ヴィトの80歳の誕生日コンサートに気候活動家が乱入

  7. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭の《ワルキューレ》でヴォータン役のトマス・コニエチュニーが怪我で途中降板

  8. ノヴァーラ発 〓 復活した「カンテルリ国際指揮者コンクール」で、中国系ニュージーランド人の吕天贻が優勝

  9. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  10. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  11. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  12. 上海発 〓 アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールは来年に延期

  13. ミュンヘン発 〓 新しいホール建設に州政府がゴーサイン

  14. プラハ発 〓 セミヨン・ビシュコフがチェコ・フィルの音楽監督を2028年に退任する意向

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。