ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

2021/06/03

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(Berliner Philharmoniker)がコンサート・マスターのダニエル・スタブラヴァ(Daniel Stabrawa)の退団を発表した。在職35年。2020/2021シーズン終了後にオーケストラを去るという。

スタブラヴァはポーランド・クラクフ生まれの65歳。クラクフ音楽院で学んだ後、1979年にクラクフのポーランド放送交響楽団のコンサートマスターに就任。1983年に終身指揮者・芸術監督だったヘルベルト・フォン・カラヤンに招かれてベルリン・フィルに移籍した。

1986年、ミシェル・シュヴァルベの後任として、3人いるコンサートマスターに昇格。レオン・シュピーラー、安永徹と共にオーケストラをリードした。1986年から2000年にかけて、オーケストラ・アカデミーで後進の指導にも当たっていた。最近は指揮活動もスタートさせている。

写真:Berliner Philharmoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  2. バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

  3. プラハ発 〓 プラハ交響楽団の次期首席指揮者にトマーシュ・ネトピル

  4. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーの次期音楽監督に指揮者のオメール・メイア・ヴェルバー

  5. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  6. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ(88)イタリアのテノール歌手

  7. ラヴェッロ発 〓 バルトリが「モナコ公の音楽家たち」とのツアーをスタート

  8. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  9. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  10. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  11. キール発 〓 市立劇場の音楽総監督ベンジャミン・ライナースが2023/2024シーズンをもって退任

  12. 香港発 〓 香港フィルが日本、韓国ツアーを中止

  13. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  14. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  15. 訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー(92)チェコ出身の指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。