ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

2020/01/27

米国のレコード業界で最も権威ある賞とされるグラミー賞(Grammy Awards)の授賞式が現地時間の1月26日、ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われた。賞は今年で62回を数える。クラシック部門の受賞作は以下の通り。

……… 最優秀オーケストラ・パフォーマンス
アンドリュー・ノーマン:サステイン
グスターボ・ドゥダメル(指揮)
ロサンゼルス・フィルハーモニック


……… 最優秀オペラ・レコーディング
トビアス・ピッカー:歌劇《ファンタスティックなきつね氏》
ジル・ローズ(指揮)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト(管弦楽)
ジョン・ブランシー(きつね氏)
クリスタ・リヴァー(きつね夫人)
アンドルー・クレイグ・ブラウン(農夫ボギス)


……… 最優秀合唱パフォーマンス
デュルフレ:合唱作品全集
ロバート・シンプソン(指揮)
エドゥアルド・テルセーロ(バリトン)
ケン・コーワン(オルガン)
ヒューストン室内合唱団


……… 最優秀室内楽パフォーマンス
キャロライン・ショウ:オレンジ
アタッカ四重奏団


……… 最優秀ソロ・インストゥルメント
ウィントン・マルサリス:ヴァイオリン協奏曲 / フィドル・ダンス組曲
二コラ・ベネデッティ(ヴァイオリン)
クリスチャン・マチェラル(指揮)
フィラデルフィア管弦楽団


……… 最優秀ソロ・ヴォーカル
ソングプレイ
ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)
チャーリー・ポーター(トランペット)
ラウタロ・グレコ(バンドネオン)
クレイグ・テリー(ピアノ&チェンバロ)
チャック・イスラエル(ダブルベース)
ジミー・マディソン(ドラムス)


……… 最優秀コンペンディアム
THE POETRY OF PLACES
ナディア・シュパチェンコ(ピアノ)
ジョアン・ピアース・マーティン(ピアノ)
ニック・テリー(打楽器)
コリー・ヒルズ(打楽器)


……… 最優秀現代音楽作品
ジェニファー・ヒグドン:ハープ協奏曲、他
ヨランダ・コンドナシス(ハープ)
ウォード・ステア(指揮)
ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団


写真:Los Angeles Philharmonic


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  2. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  3. マドリッド発 〓 フランシスコ・アライサがソフィア王妃高等音楽院の声楽研究部門のトップに

  4. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  7. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  8. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  9. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  10. 訃報 〓 ユーリ・アルペルテン, エストニアの指揮者

  11. ロンドン発 〓 BBC Promsは開催を5月末に判断

  12. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  13. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  14. ミラノ発 〓 スカラ座で新たに二人の感染者

  15. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。