ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

2020/01/27

米国のレコード業界で最も権威ある賞とされるグラミー賞(Grammy Awards)の授賞式が現地時間の1月26日、ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われた。賞は今年で62回を数える。クラシック部門の受賞作は以下の通り。

……… 最優秀オーケストラ・パフォーマンス
アンドリュー・ノーマン:サステイン
グスターボ・ドゥダメル(指揮)
ロサンゼルス・フィルハーモニック


……… 最優秀オペラ・レコーディング
トビアス・ピッカー:歌劇《ファンタスティックなきつね氏》
ジル・ローズ(指揮)
ボストン・モダン・オーケストラ・プロジェクト(管弦楽)
ジョン・ブランシー(きつね氏)
クリスタ・リヴァー(きつね夫人)
アンドルー・クレイグ・ブラウン(農夫ボギス)


……… 最優秀合唱パフォーマンス
デュルフレ:合唱作品全集
ロバート・シンプソン(指揮)
エドゥアルド・テルセーロ(バリトン)
ケン・コーワン(オルガン)
ヒューストン室内合唱団


……… 最優秀室内楽パフォーマンス
キャロライン・ショウ:オレンジ
アタッカ四重奏団


……… 最優秀ソロ・インストゥルメント
ウィントン・マルサリス:ヴァイオリン協奏曲 / フィドル・ダンス組曲
二コラ・ベネデッティ(ヴァイオリン)
クリスチャン・マチェラル(指揮)
フィラデルフィア管弦楽団


……… 最優秀ソロ・ヴォーカル
ソングプレイ
ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)
チャーリー・ポーター(トランペット)
ラウタロ・グレコ(バンドネオン)
クレイグ・テリー(ピアノ&チェンバロ)
チャック・イスラエル(ダブルベース)
ジミー・マディソン(ドラムス)


……… 最優秀コンペンディアム
THE POETRY OF PLACES
ナディア・シュパチェンコ(ピアノ)
ジョアン・ピアース・マーティン(ピアノ)
ニック・テリー(打楽器)
コリー・ヒルズ(打楽器)


……… 最優秀現代音楽作品
ジェニファー・ヒグドン:ハープ協奏曲、他
ヨランダ・コンドナシス(ハープ)
ウォード・ステア(指揮)
ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団


写真:Los Angeles Philharmonic


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  2. リエージュ発 〓 フランスの指揮者リオネル・ブランギエがリエージュ王立フィルの次期音楽監督に

  3. 北京発 〓 ピアニストのラン・ランが中国でバッハ・ツアー、15都市でゴルドベルク変奏曲

  4. パリ発 〓 エベーヌ弦楽四重奏団のメンバーに岡本侑也

  5. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  6. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  7. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ベルリン発 〓 州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  10. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  11. パリ発 〓 国立オペラにまたストライキの嵐、《オイディプス王》の公演はコンサート形式による上演に変更

  12. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  13. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  14. ノイシュトレリッツ発 〓 ノイブランデンブルク・フィルの新しい音楽監督にダニエル・ガイス

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。