ウィーン発 〓 バルトリが国立歌劇場にデビュー!

2022/06/29

人気メゾ・ソプラノのチェチリア・バルトリ(Cecilia Bartoli)がウィーン国立歌劇場にデビューすることになった。バルトリは「モナコ公の音楽家たち」を率いて、国立歌劇場が行う「ロッシーニ・マニア」にゲストとして連続出演する。

国立歌劇場が行う「ロッシーニ・マニア」は通常の6月30日のシーズン閉幕を1週間延長して行うもの。1822年にウィーンで巻き起こった“ロッシーニ・ブーム”の200年を記念して行われ、ロッシーニ作品を集中的に上演する。

記念公演は6月28日にセミ・ステージ形式でロッシーニ《チェネレントラ》を上演して開幕、バルトリがアンジェリーナを歌う。続いて、《イタリアのトルコ人》の上演が3回。バルトリが芸術監督を務めるモンテカルロ歌劇場のプロダクションを持ち込み、バルトリはドンナ・フィオリラで出演、セリム役のイルデブランド・ダルカンジェロらが出演する。

締め括りは7月8日のガラ・コンサート。こちらは、プラシド・ドミンゴ、ローランド・ビリャソンらが共演陣の豪華さも話題。

写真:Opéra de Monte Carlo / Alain Hanel


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  2. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  3. シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

  4. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  5. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  6. ボルチモア発 〓 ボルチモア響の次期音楽監督にジョナソン・ヘイワード

  7. オルデンブルク発 〓 州立劇場が音楽総監督ヘンドリク・ヴェストマンの退任発表、任期満了の2024/2025シーズンをもって

  8. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  9. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

  10. 訃報 〓 ヴィアチェスラフ・オフチニコフ(82)ロシアの作曲家、指揮者

  11. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル交響楽団との契約を延長

  12. ハレ発 〓 アリアーヌ・マティアクが半年足らずで音楽総監督を辞任

  13. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  14. 東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

  15. ウェリントン発 〓 ニュージーランド響の次期首席指揮者にジェンマ・ニュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。