ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールが延期を発表

2020/05/07

ベルギーのエリザベート王妃国際音楽コンクール(Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium)が延期を発表した。今年行われることになっていたピアノ部門は来年2021年に延期され、5月24日から29日の日程で本選が行われる。

コンクールは1937年の創設。ブリュッセルで開催されており、2014年からヴァイオリン、ピアノ、声楽、チェロの4部門があり、各部門が交互に開催されている。

発表によると、ピアノ部門が一年ずれるため、2021年に予定されているチェロ部門が2022年に、2022年の歌唱部門は2023年に、2023年のヴァイオリン部門は2024年に開催されるという。

エリザベート王妃国際音楽コンクールは、チャイコフスキー国際コンクールとショパン国際ピアノ・コンクールと並んで、世界三大コンクールの一つとされている。

写真:Queen Elisabeth International Music Competition of Belgium


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  3. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  5. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  6. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  8. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  9. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  10. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  11. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  12. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  13. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  14. グラナダ発 〓 国際音楽舞踏祭の開催の最終判断は5月20日に

  15. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。