ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

2020/08/28

ドイツの女流演出家アンドレア・モーゼス(Andrea Moses)がドイツ国立ワイマール国民劇場のオペラ監督に就任することになった。シュヴェリーンのメクレンブルク州立劇場の総監督に転出するハンス・ゲオルク・ウェグナーの後任で、任期は2021/2022シーズンから。

モーゼスは東独時代のドレスデン生まれの48歳。ライプツィヒのカール・マルクス大学とベルリンのフンボルト大学でドイツ語、歴史、演劇を学んだ後、ベルリンのエルンスト・ブッシュ演劇大学で演技と演出を学び、その後、モスクワのロシア演劇アカデミー(GITIS)で研鑽を積んだ。

2009年にデッサウのアンハルト劇場のオペラと演劇の監督に就任、2011年から2014年にかけて、シュトゥットガルト州立歌劇場のオペラ監督を務めた。その後、ヨーロッパのさまざまな歌劇場で活躍。2018年には、ヨハネス・マリア・シュタウトの《柳》の世界初演を手掛けて話題を集めた。

ワイマール国民劇場では1919年2月6日、後に「ワイマール憲法」と呼ばれることになる新憲法制定のための国民議会が招集されている。

写真:Deutschen Nationaltheaters und der Staatskapelle Weimar


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ニュルンベルク発 〓 市が財政難で新しいコンサートホールの建設を延期

  2. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  3. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  4. 訃報 〓 ヤン・クレンツ, ポーランドの指揮者・作曲家

  5. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  6. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ニューヨーク発 〓 カーネギー・ホールが来年年4月までの公演のキャンセルを発表

  8. ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が首席指揮者にラトル

  10. バイロイト音楽祭 〓 夏の音楽祭のチケットのネット販売を停止

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  12. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  13. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  15. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。