ワイマール発 〓 演出家のアンドレア・モーゼスがワイマール国民劇場のオペラ監督に

2020/08/28

ドイツの女流演出家アンドレア・モーゼス(Andrea Moses)がドイツ国立ワイマール国民劇場のオペラ監督に就任することになった。シュヴェリーンのメクレンブルク州立劇場の総監督に転出するハンス・ゲオルク・ウェグナーの後任で、任期は2021/2022シーズンから。

モーゼスは東独時代のドレスデン生まれの48歳。ライプツィヒのカール・マルクス大学とベルリンのフンボルト大学でドイツ語、歴史、演劇を学んだ後、ベルリンのエルンスト・ブッシュ演劇大学で演技と演出を学び、その後、モスクワのロシア演劇アカデミー(GITIS)で研鑽を積んだ。

2009年にデッサウのアンハルト劇場のオペラと演劇の監督に就任、2011年から2014年にかけて、シュトゥットガルト州立歌劇場のオペラ監督を務めた。その後、ヨーロッパのさまざまな歌劇場で活躍。2018年には、ヨハネス・マリア・シュタウトの《柳》の世界初演を手掛けて話題を集めた。

ワイマール国民劇場では1919年2月6日、後に「ワイマール憲法」と呼ばれることになる新憲法制定のための国民議会が招集されている。

写真:Deutschen Nationaltheaters und der Staatskapelle Weimar


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

  2. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  3. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  4. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  5. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  6. 訃報 〓 イヴリー・ギトリス, イスラエルのヴァイオリニスト

  7. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  8. ブリュッセル発 〓 名ホール、パレ・デ・ボザールで火災

  9. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響が2020年のすべての公演をキャンセル

  10. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  11. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラがオペラの衣装をオンラインで販売

  12. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  14. アナベルク発 〓 エルツゲビルゲ劇場の次期音楽総監督にイェンス・ゲオルク・バッハマン

  15. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。