バイロイト音楽祭 〓 ティーレマンは音楽監督ではない、ことを確認

2021/05/19
【最終更新日】2021/05/20

バイロイト音楽祭(Bayreuth Festival)が欧米の音楽メディアに対して、指揮者のクリスティアン・ティーレマン(Christian Thielemann)が現在は音楽監督のポストにないことを改めて表明する事態になっている。音楽祭によると、指揮者の契約は2021年1月1日に失効している、という。

事の発端は今月10日、ザクセン州政府がティーレマンとの契約を延長せず、シュターツカペレ・ドレスデンの首席指揮者の任期は2024年で終了、と表明したこと。これを受けて欧米の音楽メディアがティーレマンの他のポストについて調べたところ、音楽祭のホームページから「音楽監督」の表記が消えていたという。

音楽祭は欧米メディアからの問い合わせに対して「彼は2021年1月1日以来、音楽監督を務めていません。彼の活動の継続とバイロイトでの彼の名前についての話し合いはまだ終わっていません。今後も音楽監督というポストが存続するかどうかはまだ決まっていないため、現在ウェブサイトからタイトルを削除している」と回答している。

写真:Staatskapelle Dresden


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが芸術総監督を退任するバッハラーへ送別コンサート、ストリーミング配信も

  4. ドナウエッシンゲン発 〓 音楽祭の開催中止を発表

  5. バーデン=バーデン・フェスティバル 〓 聖霊降臨祭の音楽祭を中止

  6. グラフェネック音楽祭 〓 開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  7. ラ・フォル・ジュルネ 〓 再延期を発表、開催は5月末

  8. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  9. モーツァルト週間 〓 音楽祭はオンライン開催へ

  10. ハレ・ヘンデル音楽祭 〓 2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  13. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演をキャンセル

  14. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

  15. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。