ロサンゼルス発 〓 第66回「グラミー賞」発表

2024/02/05

米国のレコード賞「グラミー賞」の授賞式が4日(日本時間5日)、ロサンゼルスのクリプト・ドットコム・アリーナで行われた。「最優秀オペラ・レコーディング」は昨年に続いて、テレンス・ブランチャードの作品が受賞した。

<最優秀録音アルバム>
 ● コンテンポラリー・アメリカン・コンポーザーズ
   リッカルド・ムーティ(指揮)
   シカゴ交響楽団

<最優秀オーケストラ・パフォーマンス>
 ● トーマス・アデス:バレエ音楽《ダンテ》
   グスターボ・ドゥダメル(指揮)
   ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団

<最優秀オペラ・レコーディング>
 ● テレンス・ブランチャード:チャンピオン
   ヤニック・ネゼ=セガン(指揮)
   ライアン・スピード・グリーン(バリトン)、ラトニア・ムーア(ソプラノ)、エリック・オーエンス(バス・バリトン)
   メトロポリタン歌劇場管弦楽団、他
 
<最優秀合唱パフォーマンス>
 ● カイヤ・サーリアホ:レコグニション
   ニルス・シュヴェケンディーク(指揮)
   ヘルシンキ室内合唱団

<最優秀室内音楽 – 小編成パフォーマンス>
 ● ラフ・マジック
   ルームフル・オブ・ティース(ヴォーカル)

<最優秀クラシック・インストゥルメンタル – ソロ>
 ● アメリカン・プロジェクト
   ユジャ・ワン(ピアノ)
   テディ・エイブラムス(指揮)
 ルイヴィル管弦楽団(2)
 
<最優秀クラシック・ヴォーカル・アルバム – ソロ>
 ● ウォーキング・イン・ザ・ダーク
   ジュリア・ブロック(ソプラノ)
   クリスティアン・ライフ(ピアノ、指揮)
   フィルハーモニア管弦楽団

<最優秀コンテンポラリー・クラシック・コンポジション>
 ● モンゴメリー:ラウンズ


写真:Grammy Award


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マインツ発 〓 2022年の「ロベルト・シューマン賞」はハインツ・ホリガーに

  2. ストックホルム発 〓 ドロットニングホルム宮廷劇場が27日からヘンデル《アグリッピナ》をストリーミング配信

  3. パリ発 〓 ポリーニが再延期していたリサイタルを体調不良でキャンセル

  4. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  5. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  6. 訃報 〓 グウェンドリン・キルブリュー(80)アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  8. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  10. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル管、ボリショイ劇場の音楽監督を辞任。ロシアのウクライナ侵略で態度表明求められ

  11. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  12. 訃報 〓 野島稔(76)日本のピアニスト

  13. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  14. ベルリン発 〓 指揮者界の最長老ブロムシュテットが転倒、入院

  15. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。