マドリード発 〓 マルゼナ・ディアクンが来シーズンからマドリード州立管の芸術監督に

2020/12/18
【最終更新日】2020/12/20

ポーランドの指揮者マルゼナ・ディアクン(Marzena Diakun)が来シーズンから、マドリード州立管弦楽団(Orquesta y Corode la Comunidad de Madrid)の芸術監督に就任することになった。ビクトル・パブロ・ペレスの後任。

ディアクンはポーランド北西部コシャリン生まれの39歳。地元の音楽学校卒業後、ヴロツワフのカルロ・リピンスキ音楽院で学び、その後、ウィーン国立音楽・演劇大学大学院を修了した。2006年の第4回ルトスワフスキ国際指揮者コンクールのファイナリスト。2010年からはクラクフ音楽院で研鑽を積んだ。

2012年の「プラハ春」音楽祭で行われた第9回フィテルベルク国際指揮者コンクールで二位に入賞。2015年には米国タングルウッド音楽祭でボストン交響楽団指揮フェローシップを受賞している。その後、ヨーロッパ各地のオーケストラに客演。2020/2021シーズンからパリ室内管弦楽団の首席客演指揮者を務めている。

写真:Marzena Diakun.com / Łukasz Rajchert


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  2. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  3. パリ発 〓 ヨナス・カウフマンとリュドヴィク・テジエの二人が芸術存続のための政府の行動求める署名運動をスタート

  4. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  5. ニューヨーク発 〓 指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスが11月に現場復帰

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  7. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  8. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ, イタリアのオペラ歌手

  9. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  10. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  11. ローマ発 〓 パッパーノの後任にガッティが急浮上、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団

  12. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  13. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  14. 訃報 〓 ジャンルイジ・ジェルメッティ, イタリアの指揮者

  15. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。