訃報 〓 ジャンナ・ロランディ, アメリカのソプラノ歌手

2021/06/21

アメリカのソプラノ歌手ジャンナ・ロランディ(Gianna Rolandi)が亡くなった。68歳だった。コロラトゥーラ・ソプラノとして欧米の歌劇場で活躍。夫君は指揮者のアンドルー・デイヴィス。

ニューヨークの生まれで、サウスカロライナのスパルタンバーグで、ソプラノ歌手の母親、医師の父親の元で育った。ヴァイオリンを習って音楽の道に入り、ブレバード音楽センターを経てフィラデルフィアのカーティス音楽学校を卒業。その年1975年にニューヨーク・シティ・オペラと契約した。

ニューヨーク・シティ・オペラには《ホフマン物語》オリンピア役でデビュー。1979年には《薔薇の騎士》のゾフィー役でメトロポリタン歌劇場にデビュー。さらに1980年の引退後にニューヨーク・シティ・オペラのゼネラル・マネージャーを務めた名ソプラノのビバリー・シルズの下で研鑽を積んだ。

1981年にはイギリスのグラインドボーン音楽祭に出演してヨーロッパ・デビューを飾り、1986年にはシカゴのリリック・オペラに《オルランド》ドリンダ役でデビューしている。1989年にはメトロポリタン歌劇場やグラインドボーン音楽祭の公演で共演したアンドルー・デイヴィスと結婚、英国に拠点を移した。

歌手活動からは1994年に引退。デイヴィスが2000年にシカゴのリリック・オペラの音楽監督兼首席指揮者に任命されたのを機にアメリカに戻り、2002年から2013年までシカゴのリリック・オペラのディレクター兼主任インストラクターを務めた。

写真:Cheri Eisenberg / Lyric Opera of Chicago


関連記事

  1. ダブリン発 〓 RTÉ国立交響楽団が首席指揮者にスペイン出身のハイメ・マルティーン

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の終了を発表

  3. ミュンヘン発 〓 ゲルトナープラッツ州立劇場の次期首席指揮者にアルゼンチン出身のルベン・ドゥブロフスキー

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  5. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  6. シカゴ発 〓 米国の音楽サイトがシカゴ響の次期音楽監督を予想、マリン・オールソップら6人の名前

  7. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  8. ティラナ発 〓 ソプラノのエルモネラ・ヤオが母国アルバニアの子どもの権利擁護団体の大使に

  9. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  10. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  11. ニューヨーク発 〓 全米は3月いっぱい公演キャンセル、アンドレ・リュウもツアー中止

  12. レイクシティ発 〓 パイプオルガン大手ドブソン本社が全焼

  13. ロンドン発 〓 ウィグモア・ホールが全公演をキャンセル、閉鎖は7月末まで

  14. モスクワ発 〓 ワシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督を辞任

  15. ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。