訃報 〓 ジャンナ・ロランディ(68)アメリカのソプラノ歌手

2021/06/21
【最終更新日】2023/02/06

アメリカのソプラノ歌手ジャンナ・ロランディ(Gianna Rolandi)が亡くなった。68歳だった。コロラトゥーラ・ソプラノとして欧米の歌劇場で活躍。夫君は指揮者のアンドルー・デイヴィス。

ニューヨークの生まれで、サウスカロライナのスパルタンバーグで、ソプラノ歌手の母親、医師の父親の元で育った。ヴァイオリンを習って音楽の道に入り、ブレバード音楽センターを経てフィラデルフィアのカーティス音楽学校を卒業。その年1975年にニューヨーク・シティ・オペラと契約した。

ニューヨーク・シティ・オペラには《ホフマン物語》オリンピア役でデビュー。1979年には《薔薇の騎士》のゾフィー役でメトロポリタン歌劇場にデビュー。さらに1980年の引退後にニューヨーク・シティ・オペラのゼネラル・マネージャーを務めた名ソプラノのビバリー・シルズの下で研鑽を積んだ。

1981年にはイギリスのグラインドボーン音楽祭に出演してヨーロッパ・デビューを飾り、1986年にはシカゴのリリック・オペラに《オルランド》ドリンダ役でデビューしている。1989年にはメトロポリタン歌劇場やグラインドボーン音楽祭の公演で共演したアンドルー・デイヴィスと結婚、英国に拠点を移した。

歌手活動からは1994年に引退。デイヴィスが2000年にシカゴのリリック・オペラの音楽監督兼首席指揮者に任命されたのを機にアメリカに戻り、2002年から2013年までシカゴのリリック・オペラのディレクター兼主任インストラクターを務めた。

写真:Cheri Eisenberg / Lyric Opera of Chicago


関連記事

  1. プラハ発 〓 チェコの国民劇場が新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をライブ・ストリーミング

  2. ウィーン発 〓 オメール・メイア・ヴェルバーが1シーズンでフォルクスオーパーの音楽監督を退任、後任は首席客演指揮者のベン・グラスバーグ

  3. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  4. ミラノ発 〓 スカラ座も閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  5. フランクフルト発 〓 ドイツの歌劇場再開は6月以降

  6. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  7. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場に新総裁、ムーティ招聘への布石?

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. 大津発 〓 びわ湖ホールが2019年度のラインナップを発表

  10. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  11. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  12. チューリッヒ発 〓 ゲザ・アンダ国際ピアノコンクールはロシアのイリヤ・シュムクレールが優勝

  13. インディアナポリス発 〓 準・メルクルがインディアナポリス響の音楽監督に

  14. ヒューストン発 〓 ヒューストン・グランド・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラが新制作の《ドン・ジョヴァンニ》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。