チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

2022/04/01

チューリッヒ歌劇場(Opernhaus Zürich)が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は12作品と多く、総裁を務めるアンドレアス・ホモキの新演出、音楽総監督を務めるジャナンドレア・ノセダの指揮によるワーグナー《ニーベルングの指環》の上演が2021/2022シーズンから上演が始まったおり、新シーズンに《ワルキューレ》と《ジークフリート》が登場する。

9月18日ー10月29日
ワーグナー《ワルキューレ》
[演出]アンドレアス・ホモキ
[指揮]ジャナンドレア・ノセダ
[出演]エリック・カトラー  / クリフトフ・フィシェサー / トマス・コニエチュニー / ケイティ・ヴァン・クーテン / パトリシア・バードン / カミラ・ニールンド

10月23日ー11月22日
オッフェンバック《バルクフ》
[演出]マックス・ホップ
[指揮]ジェレミー・ローレル
[出演]マルセル・ビークマン / アンドレアス・ホルル / レイ・ミンジエ / イアン・ミルン / アンドリュー・オーエンス / ブレンダ・ラエ / レイチェル・ウィルソン / シエナ・リヒト・ミラー / アンドレ・ユング

11月12日ー2023年1月19日
ピエルアンジェエロ・ヴァルティノーニ《不思議の国のアリス》
[演出]ナージャ・ロシュキー
[指揮]ミヒャエル・リヒター
[出演]サンドラ・ハマウイ / リナ・ダンブラウシュカイテ / ルーベン・ドローレ  / ゲイリー・マーティン / アンドレイ・スクリアレンコ / ヴァレリー・ムルガ / オリヴァー・ヴィトマー / Omer Kobiljak / ルーカス・シーベルト / イレーネ・フリードリ / クリスティーナ・ミラー

12月4日ー2023年1月7日
カヴァッリ《エリオガバロ》
[演出]カリスト・ビエイト
[指揮]ドミトリー・シンコフスキー
[出演]ユーリ・ミネンコ / シオブハン・スタッグ / ナデジュダ・カリャジナ / ファティマ・サイード / デイヴィッド・ハンセン / ソフィー・ユンカー / ジェームズ・ウェイ / マーク・ミルホファー / ダニエル・ジュリアニーニ / ベンジャミン・モロンファリアン

2月5日ー3月17日
ドニゼッティ《ロベルト・デヴリュー》
[演出]デヴィッド・オールデン
[指揮]エンリケ・マッツォーラ
[出演]インガ・カルナ / スティーヴン・ コステロ / コンスタンチン・シュシャコフ / ステファニー・ドゥストラック

3月5日ー3月26日
ワーグナー《ジークフリート》
[演出]アンドレアス・ホモキ
[指揮]ジャナンドレア・ノセダ
[出演]クラウス・フロリアン・フォークト / ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケ / トマス・コニエチュニー / クリストファー・パーヴス / アンナ・ダニク / カミラ・ニールンド / レベッカ・オルヴェラ

4月2日ー4月15日
ドリーブ《ラクメ》 = コンサート形式
[指揮]アレクサンダー・ジョエル
[出演]エドガルド・ロチャ / ビヨルン・ビュルガー / フィリップ・スライ / サビーヌ・ドゥヴィエル / シエナ・リヒト・ミラー

4月10日ー5月18日
グノー《ロメオとジュリエット》
[演出]テッド・ハフマン
[指揮]ロベルト・フォレス・ベセス
[出演]ベンジャミン・ベルンハイム / ジュリー・フックス / スベトリーナ・ストヤノヴァ / ユーリイ・ハジェッツキー / ブレント・マイケル・スミス

4月14日ー4月23日
ドニゼッティ《ビバ! ラ・マンマ》
[演出]メラニー・フーバー
[指揮]エイドリアン・ケリー
[出演]アンナ・アグラトワ / ピエトロ・スパニョーリ / アンブロージョ・マエストリ / デニズ・ウズン / アンドリュー・オーエンス / アドリアーナ・ビニャーニ・レスカ / スタニスラフ・ヴォロビョフ / Jungrae Noah Kim / フリッツ・フェンネ

5月6日ー5月17日
ヘンデル《セルセ》
[演出]ニーナ・ルッシ
[指揮]マルケロス・クリシコス
[出演]シエナ・リヒト・ミラー / フレイア・アプフェルスタット / イェウォン・ハン=韩艺媛 / チェルシー・ツアフリュー / ベンジャミン・モロンファリアン / グレゴリー・フェルドマン

5月21日ー6月11日
ジョージ・ベンジャミン《愛と暴力のレッスン》
[演出]エフゲニー・ティトフ
[指揮]イラン・ヴォルコフ
[出演]ラウリ・ヴァサール / ジャニーヌ・ドゥ・ビク / ビヨルン・ビュルガー / マーク・ミルホファー

6月18日ー7月8日
プッチーニ《トゥーランドット》
[演出]セバスティアン・バウムガルテン
[指揮]マルク・アルブレヒト
[出演]ソンドラ・ラドヴァノフスキー / ウェンウェイ・ジャン=张文巍 / ピョートル・ベチャワ / ローザ・フェオーラ

写真:Opernhaus Zürich


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  2. 訃報 〓 クルト・アツェスベルガー(60)オーストリアのテノール歌手

  3. ザルツブルク発 〓 若手指揮者コンクール「カラヤン若手指揮者アワード」に韓国のユン・ハンギョル

  4. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  5. ミラノ発 〓 スカラ座が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  6. シカゴ発 〓 米国の音楽サイトがシカゴ響の次期音楽監督を予想、マリン・オールソップら6人の名前

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  8. ベオグラード発 〓 ベオグラード・フィルが首席指揮者のガブリエル・フェルツとの契約を延長

  9. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを厳格化、劇場やホールは12月半ば過ぎまで閉鎖

  11. ロサンゼルス発 〓 グラミー賞授賞式は3月に、アカデミー賞に続いて延期

  12. パリ発 〓 フランス政府が文化施設の閉鎖を5月19日に解除

  13. ロッテルダム発 〓 音楽界でウクライナへの連帯表明広がる、ロッテルダム・フィル、バーデン=バーデン音楽祭もゲルギエフにプーチン大統領との決別を要求

  14. コペンハーゲン発 〓 ルイージが「ドイツ・グラモフォン」からニールセンの交響曲全集

  15. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。