ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

2020/05/27

ウィーンの楽友協会(Musikverein Wien)が劇場の再開を宣言した。6月5日からコンサートが再開される。ただし、6月のコンサートは聴衆は100人というスタイル。7月からは聴衆枠が250人に増える。

トップを切って5日のコンサートに登場するのは、ダニエル・バレンボイム。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して、モーツァルトのピアノ協奏曲第27番、ベートーヴェンの交響曲第5番《運命》というプログラム。6日、7日にも同じプログラムのコンサートが行われる。

オーケストラ・プログラムをみると、次は10日で、ウィーン交響楽団が登場する。指揮はフィリップ・ジョルダンで、ダブルヘッダーで夕方と夜に演奏会を開く。プログラムは歌劇《レオノーレ》序曲第3番と交響曲第3番《英雄》。

続いて、13日にリッカルド・ムーティ、19日と20日にフランツ・ウェルザー=メストの指揮でウィーン・フィルの演奏会が行われる。27日にはマンフレート・ホーネック指揮のウィーン響がダブルヘッダーで。

オーケストラ以外のコンサート、リサイタルも多彩。エマニュエル・チェクナヴォリアン、ジュリアン・ラクリン、アルバン・ベルク四重奏団、ハンナ・バッハマン、ルドルフ・ブッフビンダー、マックス・ミュラー、フローリアン・ベッシュらが登場する。

写真:Musikverein Wien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  2. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  3. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  4. 訃報 〓 マディ・メスプレ, フランスのソプラノ歌手

  5. 訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

  6. 訃報 〓 ペーター・シュライアー, ドイツのテノール歌手

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  8. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  9. オスロ発 〓 オスロ・フィルがラウス・マケラとの契約を更新、首席指揮者就任前の異例の延長

  10. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  11. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  12. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  13. パリ発 〓 ハーディングの後任にクラウス・マケラ、パリ管の次期音楽監督

  14. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年夏の音楽祭のプログラムを発表

  15. ベルリン発 〓 州立歌劇場も無料のストリーミングを開始、4月19日まで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。