訃報 〓 ジョーゼフ・カリクシュタイン(75)イスラエルのピアニスト

2022/04/01
【最終更新日】2023/02/06

イスラエルを代表するピアニストの一人、ジョーゼフ・カリクシュタイン(Joseph Kalichstein)が31日、膵臓がん亡くなった。75歳だった。アメリカを代表するピアニストとしての演奏活動のかわたら、ニューヨークのジュリアード音楽院の教授を40年にわたって教授を務めて多くの後進を育てた。

1946年、イスラエルのテルアビブ生まれ。ショール音楽院で学び、ピアノの才能を見出したクラウディオ・アラウによって、1962年からニューヨークのジュリアード音楽院に進み、エドゥアルト・シュトイエルマン、イローナ・ガボシュに師事した。

1967年にカーネギー・ホールでデビュー・リサイタルを開き、有力紙「ニューヨーク・タイムズ」紙上で絶賛され、1968年にはレナード・バーンスタインが指揮するニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団によるテレビ番組の独奏者に起用された。

1969年、ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールの前身となったレーヴェントリット国際コンクールで第1位を獲得。その後、アメリカのメジャー・オーケストラはもとより、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やウィーン・フィルハーモニー管弦楽団といったヨーロッパの長命なオーケストラとの共演を重ねた。

1983年、母校のジュリアード音楽院の教授に就任。1997年、ジョン・F・ケネディ舞台芸術センターから室内楽の芸術顧問とフォータス室内楽コンサートの芸術監督に任命されている。また、この年、当時のジミー・カーター大統領の就任式で共演したヴァイオリニストのハイメ・ラレード、チェリストのシャロン・ロビンソンと共演したことpから、1981年にはカリクシュタイン・ラレード・ロビソン・トリオを結成した。

トリオはベートーベンやシューベルト、ブラームスの三重奏曲全曲、ラヴェルの室内楽全曲、ダロン・ハーゲン、ジョン・コリリアーノ、リチャード・ダニエルプールら現代作曲家がトリオのために作曲した作品など、数多くの録音をリリースしている。

写真:The Observer / Andy Hall





関連記事

  1. 訃報 〓 ユルゲン・フリム(81)ドイツの演出家

  2. ミラノ発 〓 スカラ座は7日の新シーズン開幕に向けて準備万端、ネトレプコも肩の手術から現場復帰

  3. 訃報 〓 ルイ・アンドリーセン(82)オランダの作曲家

  4. ハノーファー発 〓 州立劇場が音楽総監督のステファン・ジリアスとの契約を延長

  5. ボストン発 〓 ヘンデル・ハイドン協会が次期芸術監督に英国の指揮者ジョナサン・コーエン

  6. 訃報 〓 伊藤京子(94)日本のソプラノ歌手

  7. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  8. ストックホルム発 〓 ファスト・ファッション界の雄「H&M」オーナーが母国のロイヤル・ストックホルム・フィルに1000万ドルを寄付

  9. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ネイプルズ発 〓 ウィーン・フィルの米国ツアー、二人目の代役指揮者はデイヴィッド・ロバートソン

  11. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立オペラが新制作の《ドン・カルロ》をストリーミング配信

  12. トゥーロン発 〓 トゥーロン歌劇場の音楽監督にヴィクトリアン・ヴァノステン

  13. ロサンゼルス発 〓 映画音楽の巨匠ジョン・ウィリアムズ、作曲活動からの引退を撤回

  14. ロサンゼルス発 〓 ルドウィグ・ゴランソンが映画『オッペンハイマー』の音楽で2度目の作曲賞

  15. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。