パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

2019/11/18

若手音楽家の登竜門として知られるフランスのロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門最終選考が16日行われ、三浦謙司(26)が優勝、2位に務川慧悟(26)が入賞した。3位はアルメニアのゾーラ・サルキシャン(24)だった。ピアノ部門で日本人が優勝するのは、2007年の田村響に続いて6人目。日本人が1、2位を独占したのは初めて。

三浦は神戸市の出身で、13歳でイギリスに留学。現在はベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で学びながら音楽活動を行っている。務川は愛知県東海市の出身で、東京芸大在学中に日本音楽コンクールで1位。その後、パリ国立高等音楽院で学び、現在はパリを拠点に音楽活動を展開している。

コンクールは1943年、ヴァイオリン奏者のジャック・ティボーとピアニストのマルグリット・ロンによって創設された。2011年からは声楽部門が新設され、レジーヌ・クレスパン(Régine Crespin)の名前が加えられて現在の名称に。毎年、3部門が交互に行われている。

今回は審査委員長をマルタ・アルゲリッチが務めたが、審査過程で意見が対立。アルゲリッチは本選に立ち会わず、審査結果の発表にも姿を見せなかった。審査結果にも会場からブーイングが浴びせられた。

写真:Concours international Long-Thibaud-Crespin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  2. リヨン発 〓 リヨン国立管弦楽団の音楽監督にニコライ・ズナイダー

  3. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  4. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  5. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  7. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  8. ラ・フォル・ジュルネ 〓 再延期を発表、開催は5月末

  9. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  10. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  11. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  12. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  13. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  14. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  15. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。