訃報 〓 ハンスゲオルグ・シュマイザー(63)オーストリアのフルート奏者

2019/07/24
【最終更新日】2023/02/16

オーストリアのフルート奏者ハンスゲオルグ・シュマイザー(Hansgeorg Schmeiser)が7日に亡くなった。63歳だった。死因は発表されていない。

1956年、グラーツの生まれ。ゴットフリート・ヘヒトル、アラン・マリオンに学んだ後、ウィーン国立音楽・演劇大学でヴォルフガング・シュルツに師事した。

卒業後、1982年からウィーン・フォルクスオーパーの首席フルート奏者として活躍。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートにも定期的に参加していた。

また、ウィーン音楽・演劇大学教授も務め、オーストリア、ドイツ、スイスの講習会の運営委員、会長などを数多く務めていた。

写真:European Flute Academy Fiss


関連記事

  1. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  2. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  3. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルも入場時のワクチン接種証明の提示、マスク着用義務付け。シカゴも追随

  4. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  5. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  6. 訃報 〓 アガ・ミコライ(51)ポーランドのソプラノ歌手

  7. グロッセート発 〓 第1回「セルゲイ・クーセヴィツキー国際指揮者コンクール」で出口大地が最高位

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がラインナップ発表、“Nightly Met Opera Streams”の第53週

  9. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  10. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  11. トロント発 〓 グスターボ・ヒメノが音楽監督を務めるトロント響との契約を延長

  12. ピッツバーグ発 〓 マンフレート・ホーネックがピッツバーグ響との契約を延長

  13. サンタンデール発 〓 第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」でカナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコが優勝

  14. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2月のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. シドニー発 〓 空席だったオペラ・オーストラリアの芸術監督に演出家のジョー・デイヴィス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。