ボルドー発 〓 ミンコフスキがボルドー国立歌劇場との契約を延長

2018/12/26

マルク・ミンコフスキ(Marc Minkowski)がボルドー国立歌劇場との契約を延長した。ミンコフスキは2016年から3年の任期で総監督を務めていた。今回の延長で任期は2022年まで伸びる。ミンコフスキは1962年、パリの生まれ。ファゴット奏者として活動した後、1982年に古楽アンサンブル「ルーヴル宮音楽隊=Les Musiciens du Louvre」を創設、指揮者としての活動を本格的にスタートさせた。2012年よりザルツブルグ・モーツァルト週間の芸術監督、2018年からオーケストラ・アンサンブル金沢の芸術監督も務めている。

写真:Warner Music


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 「ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール」のヴァイオリン部門は、ウクライナのディアナ・ティシュチェンコが優勝

  2. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が好スタート、2018/2019シーズンが開幕

  3. テネリフェ発 〓 テネリフェ交響楽団の首席指揮者にアントニオ・メンデス

  4. エーテボリ発 〓 エーテボリ歌劇場がコンヴィチュニーを解雇

  5. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「木管楽器部門」の審査員決まる

  6. デトロイト発 〓 フォード・コレクションがストラディバリウス「ルージュモン」をデトロイト交響楽団に貸与

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。