ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

2022/01/11

イタリアの指揮者スペランツァ・スカップッチ(Speranza Scappucci)が母国ミラノのスカラ座(Teatro alla Scala)にデビューすることになった。健康上の理由で降板したエヴェリーノ・ピドの代役。スカップッチは2017/2018シーズンからワロン王立オペラの音楽監督を務めており、この5月にスカラ座へのデビューが予定されていた。

代役として指揮するのは、1月18日に初日を迎える新制作のベッリーニ《カプレーティとモンテッキ》。新演出を手掛けるのはエイドリアン・ノーブルで、ロメオにマリアンヌ・クレバッサ、ジュリエッタにリセッテ・オロペサ、テバルドに夏侯金旭(Jinxu Xiahou)、カペッリオにパク・ジョンミン(Jongmin Park)、ロレンツォにミケーレ・ペルトゥージが起用されている。

スカップッチはローマ生まれの48歳。ジュリアード音楽院とローマのサンタ・チェチーリア音楽院を卒業後、国際的な活動を続けてきた。2022年はワロン王立オペラ以外でも、2月と3月にベルリン州立歌劇場で《愛の妙薬》、7月にロンドンのロイヤルオペラ・ハウスでコンサート形式の《アッティラ》を指揮する。

写真:Christophe Fillieule / Festival de Saint Denis


関連記事

  1. ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

  2. パリ発 〓 オペラ=コミックの次期芸術監督に指揮者のルイ・ラングレー

  3. 訃報 〓 マリア・ユーイング, アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2022年の「オーパンバル」開催を憂慮、新型コロナウイルスの感染再拡大受けて

  5. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  6. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  7. エッセン発 〓 エッセン州がアールト音楽劇場の専属歌手三人に「宮廷歌手」の称号

  8. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  9. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスが脳腫瘍を取り除く手術に成功

  10. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場の次期音楽監督にウクライナの指揮者アンドリー・ユルケヴィチ

  11. ワルシャワ発 〓 ショパン国際ピアノ・コンクール、予選を再度延期

  12. 訃報 〓 ルース・ファルコン, アメリカのソプラノ歌手

  13. ウィーン発 〓 グルベローヴァの遺品がオンライン・オークションに

  14. 訃報 〓 ジャンルイジ・ジェルメッティ, イタリアの指揮者

  15. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。