ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

2022/01/11

イタリアの指揮者スペランツァ・スカップッチ(Speranza Scappucci)が母国ミラノのスカラ座(Teatro alla Scala)にデビューすることになった。健康上の理由で降板したエヴェリーノ・ピドの代役。スカップッチは2017/2018シーズンからワロン王立オペラの音楽監督を務めており、この5月にスカラ座へのデビューが予定されていた。

代役として指揮するのは、1月18日に初日を迎える新制作のベッリーニ《カプレーティとモンテッキ》。新演出を手掛けるのはエイドリアン・ノーブルで、ロメオにマリアンヌ・クレバッサ、ジュリエッタにリセッテ・オロペサ、テバルドに夏侯金旭(Jinxu Xiahou)、カペッリオにパク・ジョンミン(Jongmin Park)、ロレンツォにミケーレ・ペルトゥージが起用されている。

スカップッチはローマ生まれの48歳。ジュリアード音楽院とローマのサンタ・チェチーリア音楽院を卒業後、国際的な活動を続けてきた。2022年はワロン王立オペラ以外でも、2月と3月にベルリン州立歌劇場で《愛の妙薬》、7月にロンドンのロイヤルオペラ・ハウスでコンサート形式の《アッティラ》を指揮する。

写真:Christophe Fillieule / Festival de Saint Denis


関連記事

  1. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  2. 訃報 〓 ジェームズ・レヴァイン(77)米国の指揮者

  3. ビルバオ発 〓 ビルバオ・オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  4. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  5. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  6. リーズ発 〓 リーズ国際ピアノ・コンクールが「ブラインド審査」導入へ

  7. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  8. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  9. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2022年の「ニューイヤー・コンサート」プログラムを発表

  10. 訃報 〓 ニコラ・ジョエル(67)フランスの演出家、パリ国立オペラ元総裁

  11. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  12. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ウィーン発 〓 オーストリア音楽劇場賞の受賞式が市庁舎で

  14. 訃報 〓 ミヒャエル・ハンペ(87)ドイツの演出家

  15. ベルリン発 〓 レコード賞「オーパス・クラシック」授賞式がコンツェルトハウスで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。