訃報 〓 イヴァン・モズゴヴェンコ, ロシアのクラリネット奏者

2022/01/11

ロシアのクラリネット奏者イヴァン・モズゴヴェンコ(Ivan Mozgovenko)が2021年12月31日に亡くなった。97歳だった。「人民芸術家」の称号を贈られた名演奏家で、母校のグネーシン音楽大学で後進を指導、数多くの人材を音楽界に送り出したことで知られる。

1924年、カスピ海の北西にあるカルムイク共和国ヤシャタ村の生まれ。1931年に家族全員でウラル山脈の東側にあるニジニ・タギルに強制的に移住させられたが、1939年からスヴェルドロフスク音楽大学でクラリネットを学んだ。しかし、第2次世界大戦の勃発で従軍。1943年からウラル義勇軍戦車隊に加わり、医療大隊に所属してベルリン攻防戦に参加した。

1946年、モスクワのグネーシン音楽大学に入学して再びクラリネットを学び、卒業した1951年にベルリンでの行われた国際コンクールで優勝。1953年から1968年にかけてソ連映画撮影委員会の交響楽団のソリストを務めた。そのかたわら、ボロディン弦楽四重奏団をはじめとする室内アンサンブルと録音を重ねた。

演奏家として活動する一方、1951年から母校のグネーシン音楽大学で後進の指導に当たり、1980年から教授。1995年に「人民芸術家」、2019年にはモズゴヴェンコ・クラリネット・コンクールも創設され、2020年にはロシア連邦大統領の功績章が贈られている。

写真:Mozgovenko Clarinet Competition


関連記事

  1. ロンドン発 〓 「BBCミュージック・マガジン」年次賞のノミネート・アルバム決まる

  2. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  3. ウルム発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にフェリックス・ベンダー

  4. ニュルンベルク発 〓 演出家のペーター・コンヴィチュニー、初日前にまた解任される

  5. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  6. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  7. パリ発 〓 パリ国立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  9. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン放送管が首席指揮者イヴァン・レプシッチとの契約を延長

  10. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  11. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  12. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョの大規模改修工事スタート、2022年9月まで閉館

  13. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  14. ハンブルク発 〓 「ドイツ・グラモフォン」がブルース・リューと独占録音契約

  15. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。