サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/01/24
【最終更新日】2020/12/02

サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。9月11日にオープニング・ガラ・コンサートを行ってシーズンの開幕を祝う。ガラ・コンサートの指揮は、2021/2022シーズンから音楽監督に就任することが決まっているキム・ウンソン(EunSun Kim)。最初に上演されるオペラは作曲家の生誕250年を記念して、ベートーヴェン《フィデリオ》。こちらもキムの指揮。

ベートーヴェン《フィデリオ》=新制作
2020年9月12日-10月1日
演出:マシュー・オザワ
指揮:キム・ウンソン
出演:エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー / サイモン・オニール / ファルク・シュトルックマン / エリック・オーエンス / アルフレッド・ウォーカー


ヴェルディ《リゴレット》=再演
2020年9月13日-10月4日
指揮:マーク・エルダー
出演:ゲオルグ・ガグニーゼ / ペネ・パティ / ニーナ・ミナシアン / アルフレッド・ウォーカー / レジナルド・スミス・ジュニア


モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》=新制作
2020年10月6日-6月28日
演出:マイケル・カヴァナー
指揮:スペランツァ・スカップッチ
出演:ジェニファー・デイヴィス / ジョン・チェスト / アイリーン・ロバーツ / フレデリック・アントゥーン / フェルッチョ・フルラネット / パク・イェサン


ポウル・ルーザス《侍女の物語》=新制作
10月29日-11月22日
演出:ジョン・フルジェイムズ
指揮:トマス・セナゴー
出演:サーシャ・クック / ミカエラ・マーテンス / サラ・ケンブリッジ / ジェームズ・クレスウェル


プッチーニ《ラ・ボエーム》=再演
11月15日-12月6日
指揮:ニコラ・ルイゾッティ
出演:マリア・アグレスタ / マイケル・ファビアーノ / アミナ・エドリス / アルトゥール・ルチンスキ


ロッシーニ《セビリアの理髪師》=再演
4月25日-5月16日
指揮:ロデリック・コックス
出演:ルーカス・ミーチャム / ダニエラ・マック / ステファニー・ラウリチェッラ / レヴィー・セクガパーネ / ローレンス・ブラウンリー / マウリツィオ・ムラーロ / サイモン・リム / キャサリン・クック


ツェムリンスキー《王女の誕生日》&《こびと》=新制作
4月27日-5月15日
演出:ダルコ・トレスニャク
指揮:ヘンリク・ナナシ
出演:クレイ・ヒレー / ハイディ・ストーバー / サラ・ケンブリッジ


写真:San Francisco Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  2. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  3. バイロイト発 〓 ジョン・ルンドグレンが《さまよえるオランダ人》からも降板、バイロイト音楽祭の出演をすべてキャンセル

  4. ミラノ発 〓 スカラ座がヴィットリオ・グリゴーロのリサイタルをライブ・ストリーミング

  5. 訃報 〓 パウル=ハインツ・ディートリヒ(90)ドイツの作曲家

  6. 訃報 〓 タリン・フィービッグ(49)オーストラリアのソプラノ歌手

  7. モントリオール発 〓 テノールのベン・ヘップナーがラジオのパーソナリティーからの“卒業”を表明、メディア・プレゼンターに転身

  8. ライプツィヒ発 〓 ピアニストのアンドラーシュ・シフに2022年の「バッハ・メダル」

  9. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルがウクライナに連帯するチャリティー・コンサート開催へ、指揮はラハフ・シャニ

  10. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  12. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  13. 訃報 〓 シュテファン・ショルテス(73)ハンガリー出身の指揮者

  14. 大津発 〓 沼尻竜典が2023年で「びわ湖ホール」芸術監督を退任、バトンは阪哲朗に

  15. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。