サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/01/24

サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。9月11日にオープニング・ガラ・コンサートを行ってシーズンの開幕を祝う。ガラ・コンサートの指揮は、2021/2022シーズンから音楽監督に就任することが決まっているキム・ウンソン(EunSun Kim)。最初に上演されるオペラは作曲家の生誕250年を記念して、ベートーヴェン《フィデリオ》。こちらもキムの指揮。

ベートーヴェン《フィデリオ》=新制作
2020年9月12日-10月1日
演出:マシュー・オザワ
指揮:キム・ウンソン
出演:エルザ・ファン・デン・ヘーヴァー / サイモン・オニール / ファルク・シュトルックマン / エリック・オーエンス / アルフレッド・ウォーカー


ヴェルディ《リゴレット》=再演
2020年9月13日-10月4日
指揮:マーク・エルダー
出演:ゲオルグ・ガグニーゼ / ペネ・パティ / ニーナ・ミナシアン / アルフレッド・ウォーカー / レジナルド・スミス・ジュニア


モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》=新制作
2020年10月6日-6月28日
演出:マイケル・カバナー
指揮:スペランツァ・スカップッチ
出演:ジェニファー・デイヴィス / ジョン・チェスト / アイリーン・ロバーツ / フレデリック・アントゥーン / フェルッチョ・フルラネット / パク・イェサン


ポウル・ルーザス《侍女の物語》=新制作
10月29日-11月22日
演出:ジョン・フルジェイムズ
指揮:トマス・セナゴー
出演:サーシャ・クック / ミカエラ・マーテンス / サラ・ケンブリッジ / ジェームズ・クレスウェル


プッチーニ《ラ・ボエーム》=再演
11月15日-12月6日
指揮:ニコラ・ルイゾッティ
出演:マリア・アグレスタ / マイケル・ファビアーノ / アミナ・エドリス / アルトゥール・ルチンスキ


ロッシーニ《セビリアの理髪師》=再演
4月25日-5月16日
指揮:ロデリック・コックス
出演:ルーカス・ミーチャム / ダニエラ・マック / ステファニー・ラウリチェッラ / レヴィー・セクガパーネ / ローレンス・ブラウンリー / マウリツィオ・ムラーロ / サイモン・リム / キャサリン・クック


ツェムリンスキー《王女の誕生日》&《こびと》=新制作
4月27日-5月15日
演出:ダルコ・トレスニャク
指揮:ヘンリク・ナナシ
出演:クレイ・ヒレー / ハイディ・ストーバー / サラ・ケンブリッジ


写真:San Francisco Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  2. ルツェルン発 〓 イタリアから戻ったオーケストラがオペラから降板、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  4. ブリュッセル発 〓 NHK交響楽団のヨーロッパ・ツアーが終了

  5. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  6. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  7. ルクセンブルク発 〓 指揮者のグスターボ・ヒメノがルクセンブルク・フィルとの契約を延長

  8. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  9. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  10. バーミンガム発 〓 ミルガ・グラジニーテ=ティーラが新型コロナウイルス検査で陽性反応

  11. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラの芸術監督にアンニリース・ミスキモン

  12. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  14. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  15. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。