バイロイト音楽祭 〓 来年の音楽祭の概要を発表

2020/12/14

バイロイト音楽祭(Bayreuther Festspiele)が来年の音楽祭の概要を発表した。それによると、新制作は《さまよえるオランダ人》のみ。それ以外に《ニュルンベルクのマイスタージンガー》と《タンホイザー》、それに《ワルキューレ》が上演される。

ただ、新型コロナウイルス対策として、合唱団の共演はなく、別室で歌われてホールに送り届けられることになるという。

来年の《さまよえるオランダ人》はオクサーナ・リーニフ(Oksana Lyniv)が音楽祭史上初の女性指揮者として登場することで話題を集める。演出はドミトリー・チャルニャコフ(Dmitri Tcherniakov)。

音楽祭は今年2020年から、新制作の《ニーベルングの指環》の上演が始まる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で音楽祭の開催が中止されたことを受け、1年延期ではなく、2022年からのスタートに変更された。

写真:Bayreuther Festspiele


関連記事

  1. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  2. グラインドボーン音楽祭 〓 2021年の音楽祭は予定通りの開催めざす

  3. エディンバラ発 〓 国際フェスティバルが2021年の公演ラインナップを発表

  4. ライプツィヒ発 〓 ブロムシュテットがゲヴァントハウス管のコンサートをキャンセル、代役でスザンナ・マルッキがオーケストラ・デビュー

  5. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が今後の予定を発表。ビシュコフ、ガッティが復帰

  6. デュッセルドルフ発 〓 アクセル・コーバーが任期満了の2024年夏でライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を退任

  7. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  8. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルが2023年の音楽祭の概要を発表

  9. ベルリン発 〓 休養していたバレンボイム、ベルリン州立歌劇場の「平和のためのコンサート」で復帰。ウクライナへの連帯を共有

  10. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが2024年夏の概要を発表

  11. ルイス発 〓 グラインドボーン音楽祭が来年2025年の公演ラインナップを発表

  12. ザルツブルク発 〓 ベルリン・フィルがザルツブルク復活祭音楽祭のレジデント・オーケストラに復帰

  13. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  14. シンシナティ発 〓 シンシナティ・オペラがサマーフェスティバルのスケジュールを発表

  15. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。