ザルツブルグ音楽祭 〓 音楽祭をストリーミング配信、第1弾は《エレクトラ》

2020/07/31

8月1日から幕を開けるオーストリア・ザルツブルグ音楽祭(Salzburger Festspiele)がコンサート、オペラのストリーミング配信を行うことを発表した。

ストリーミングは独仏共同放送局の「Arte」などを通じて行われ、第1弾は音楽祭初日に上演されるリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》。ストリーミングはヨーロッパ中央時間の午後8時半(日本時間の2日午前3時半)から。

音楽祭は今年、創立100周年という記念の年。新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれていたが、開幕を8月1日に遅らせ、会期を44日間から30日間に短縮、プログラムも小規模な公演に切り替えられた。

上演されるオペラも、クリストフ・ワリコフスキ演出のリヒャルト・シュトラウス《エレクトラ》と、クリストフ・ロイ演出のモーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》の2作品。

《エレクトラ》は8月1日から24日にかけての上演で、会場はフェルゼンライトシューレ。客席1,500強の会場に聴衆700人というスタイルで上演される。

管弦楽はフランツ・ウェルザー=メスト指揮のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。歌手陣は、エレクトラにアウシュリネ・ストゥンディーテ、クリテムネストラにターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー、クリソテミスにアスミク・グリゴリアンという布陣。

写真:Salzburger Festspiele


    音楽祭プロフィールはこちら ▷

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  2. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  3. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  4. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  5. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  6. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  7. ヴェローナ発 〓 ヴェローナ音楽祭がこの夏のラインナップを発表

  8. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. バイロイト音楽祭 〓 カタリーナ・ワグナーの任期延長決まる

  11. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  12. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  13. ドレスデン発 〓 モーリッツブルク音楽祭が開幕

  14. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  15. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。