ミラノ発 〓 スカラ座は例年通り、12月7日の開幕めざす

2020/10/11

ミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala)が例年通り、新シーズン開幕をめざすことになった。スカラ座は例年、街の守護聖人「聖アンブロジオ」の祭日12月7日に開幕している。今年からウィーン国立歌劇場からスカラ座に移ったドミニク・マイヤー総裁がイタリアの有力紙「レプブリカ」のインタビューに答えたもの。

マイヤーによると、新シーズンの開幕を飾るのは、《ランメルモールのルチア》。演出を手掛けるのはヤニス・コッコスで、指揮は音楽監督のリッカルド・シャイー。リセッテ・オロペサ、ファン・ディエゴ・フローレスが出演する。

コロナ禍に見舞われたスカラ座は、2月の最終週で閉鎖。2019/2020シーズンの活動はできず、9月4日に市内のドゥオーモ(大聖堂)でコロナ禍犠牲者を追悼するコンサートを開いて活動を再開したばかり。オペラ上演はまだ行われておらず、11月にフランコ・ゼフィレッリの名演出で知られる《ラ・ボエーム》を上演して、2019/2020シーズンを締め括る予定。

マイヤーはまた、2021年の予算で900万ユーロ(約11億2,000万)の赤字を計上することになることを明らかにしており、新シーズン開幕後も、公演ラインナップは四半期ごとに発表していく方針という。

写真:Teatro alla Scala


関連記事

  1. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  2. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  3. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  5. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  6. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  8. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場は予定通り、9月7日に新シーズンを開幕

  10. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  11. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  12. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  13. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ大劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  15. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。