ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

2021/09/28

ポーランドのポズナン・スタニスワフ・モニューシュコ大劇場(Teatr Wielki im. Stanisława Moniuszki w Poznaniu)が空席だった音楽監督にイタリアの指揮者マルコ・グィダリーニ(Marco Guidarini)を迎えると発表した。

劇場はまた、首席指揮者にヤツェク・カスプシク(Jacek Kaspszyk)を迎えることを発表した。音楽監督、首席指揮者とも、ガブリエル・フムラが2020年に急逝した後、空席になっていた。

グィダリーニはイタリア・ジェノヴァ生まれの61歳。最近では、2001年から2009年までニース歌劇場の音楽監督を務めている。ポズナン・スタニスワフ・モニューシュコ大劇場ではこの7月、「ポーランド・オペラの父」とされるスタニスワフ・モニューシュコの《幽霊屋敷》の新制作を指揮している。

カスプシクはビェルスコ=ビャワ生まれの69歳。1998年よりポーランド国立歌劇場の音楽監督、2002年から2005年まで芸術総監督を務め、2009年から2012年までポーランド国立放送交響楽団の音楽監督を務めたベテラン。

写真:Teatr Wielki im. Stanisława Moniuszki w Poznaniu / Canadian Opera Company


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. カルロヴィ・ヴァリ発 〓 市議会が地元オーケストラの楽団長を突如解任、それを受けて首席指揮者が抗議の辞任、楽団員は解任撤回の署名集めをスタート

  2. バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

  3. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場のペレイラ総裁が突然の辞任、横領問われて「気力失った」

  4. イエナ発 〓 イエナ・フィルが音楽総監督のジモン・ガウデンツとの契約を延長

  5. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  6. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  7. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  8. ブリュッセル発 〓 ブリュッセル・フィルの首席客演指揮者にイラン・ヴォルコフ

  9. パリ発 〓 トーマス・ヘンゲルブロックがパリ室内管の音楽監督に

  10. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  11. アトランタ発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがアトランタ響の音楽監督に

  12. 東京発 〓 新国立劇場も閉鎖

  13. 訃報 〓 レナーテ・ホルム(90)オーストリアのソプラノ歌手

  14. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルが2020/2021シーズンをキャンセル、178年で初

  15. ニューヨーク発 〓 指揮者のマイケル・ティルソン・トーマスが11月に現場復帰

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。