訃報 〓 コルネリウ・ムルグ, ルーマニアのテノール歌手

2021/04/28

ルーマニアを代表するテノール歌手コルネリウ・ムルグ(Corneliu Murgu)が4月27日、西部トランシルヴァニア地方のティミショアラで亡くなった。73歳だった。オテロやトゥリドゥといったドラマティックな役で国際的に活躍。2000年から19年間、ティミショアラの国立歌劇場の総監督を務めた。

ティミショアラの生まれで地元で音楽教育を受けた後、イタリアのフィレンツェ音楽院で学び、マルチェロ・デル・モナコに師事。その後、イタリアの声楽コンクールで数々の賞を受けて国際的な活動をスタート、ミラノ・スカラ座をはじめとするイタリア各地の歌劇場に出演を重ねた。

その後、活動の場を広げ、米国ではニューヨークのメトロポリタン歌劇場を筆頭に全米各地で歌っている。ウィーン国立歌劇場には《カヴァレリア・ルスティカーナ》のトゥリドゥでデビュー。2003年に《道化師》のカニオ役を歌って舞台を去るまで77回出演している。また、サントリーホールの公演などで来日している。

1987年にはオテロの歌唱に対して、パルマから「ヴェルディ・メダル」が授与された。引退前の2000年からティミショアラの国立歌劇場の総監督を務め、2001年に「名誉市民」。ブラショフにあるトランシルバニア大学の名誉教授の他、国際的なコンクールの審査員も数多く務めている。

写真:Opera Nationala Romana Timisoara


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  2. ヘルシンキ発 〓 第12回「シベリウス国際ヴァイオリン・コンクール」はヤン・インモが優勝

  3. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  4. ベルリン発 〓 大統領主催のウクライナのための連帯コンサートの指揮者に沖澤のどか。急病のペトレンコの代役で

  5. マドリッド発 〓 ドミンゴ、セクハラを謝罪

  6. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルが新シーズンの開幕コンサート

  7. 東京発 〓 新国立劇場も閉鎖

  8. 訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー, チェコ出身の指揮者

  9. プラハ発 〓 チェコ・フィルが昨年秋以来初の“聴衆あり”コンサート

  10. 東京発 〓 新国立劇場が開場25周年となる2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  11. シカゴ発 〓 米国の音楽サイトがシカゴ響の次期音楽監督を予想、マリン・オールソップら6人の名前

  12. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  14. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス, 英国のハーピスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。