ニューヨーク発 〓 巨匠チェリビダッケの生涯が映画に、演じるのはジョン・マルコビッチ

2021/09/19

1996年に84歳で亡くなったルーマニアの巨匠指揮者、故セルジュ・チェリビダッケ(Sergiu Celibidache)の生涯が映画化されることになった。米国のエンターテイメント業界紙「バラエティ」が報じた。巨匠を演じるのは、『ザ・シークレット・サービス』や『マルコヴィッチの穴』で知られる個性派俳優のジョン・マルコビッチ(John Malkovich)。

報道によると、題名は「黄色いネクタイ」。1996年にドキュメンタリー映画「チェリビダッケの庭」を監督した巨匠の子息イオアンなどが脚本を手掛け、2022年春から撮影が始まるという。マルコビッチが演じるのは巨匠の晩年で、青年期の配役は未定。

巨匠はローマン生まれでユダヤ文化の中心地ヤシ育ち。6歳頃からピアノを学び、成人してパリやベルリンで学び、ベルリンで終戦を迎えた。戦後、常任指揮者のヴィルヘルム・フルトヴェングラーがナチスとの関係を咎められて活動ができなかったことから、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の指揮台に立つチャンスを掴み、一時は実質的な首席指揮者を務めた。

しかし、妥協を許さぬ姿勢や独裁的な言動、毒舌から徐々にメンバーとの溝が深まり、1947年にフルトヴェングラーが復帰、1952年に「終身首席指揮者」に就任すると、さらに関係が悪化。1954年には「ドイツ・レクイエム」のリハーサル中にメンバーと激突してベルリンを離れた。

その後はイタリアを拠点に客演を続けたが、録音嫌いだったこともあり、知る人ぞ知る巨匠としての名声が高まることに。大きな転機は1979年にミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任したこと。亡くなる1996年まで在任して、オーケストラを徹底して鍛え上げ、ブルックナーなどを中心としたプログラムで一世を風靡した。

写真:BR


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  2. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

  3. ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

  4. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

  5. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルも入場時のワクチン接種証明の提示、マスク着用義務付け。シカゴも追随

  6. ウィーン発 〓 アンドレス・オロスコ=エストラーダがウィーン響の首席指揮者を突然辞任

  7. ラス・パルマス発 〓 「オペラ・ラス・パルマス」が2022シーズンのラインナップを発表

  8. パリ発 〓 パリ国立オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ヘルシンボリ発 〓 ヘルシンボリ響の首席指揮者にマキシム・パスカル

  12. パンプローナ発 〓 パンプローナに新しい音楽祭が誕生

  13. クリーブランド発 〓 ウェルザー=メストが2027/2028シーズンでクリーブランド管の音楽監督を退任、在職25年は音楽監督として歴代最長

  14. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  15. ベルリン発 〓 ダニエル・スタブラヴァの退団を発表、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。